FC2ブログ

記事一覧

マブリー!不適に笑い大暴れ!映画『悪人伝』予告編&場面写真解禁

【ニュース】
韓国で異例の大ヒットとなった『悪人伝』。さらにシルヴェスター・スタローンによるハリウッドリメイクも決定している本作の予告編と場面写真が一挙解禁された。
本作は凶悪なヤクザのボス、チャン・ドンスがある夜何者かにめった刺しにされる。事件の捜査にあたるのは、署内でも問題刑事として知られるチョン刑事。奇跡的に一命をとりとめたドンスとチョン刑事はともに共闘して犯人を追い詰めることに・・・。


主演を務めるのは『新感染 ファイナル・エクスプレス』(17)で一躍トップスターに上り詰めた韓国を代表する怪優マ・ドンソク。 隆々たる体躯からにじみ出る説得力のある演技と破壊力抜群のアクションで観客を魅了し、マーベル・シネマティック・ユニバ ース『エターナルズ(原題)』で世界進出を決めた“漢”の圧倒的代表作が遂に日本上陸する。
 

 


「俺を怒らせたら報いを受ける。誰であろうと責任を取らせる」と豪語する、凶暴なヤクザの組長チャン・ドンス(マ・ドンソク)が、ある夜何者かにめった刺しにされてしまう。何とか一命を取り留めたチャン・ドンス組長だったが、メンツは丸つ ぶれ...。手下を使い犯人探しに動き出す中、ある日病床に“暴力刑事”として名高いチョン刑事(キム・ムヨル)が訪れて、「お前を襲った男は無差別殺人犯だ」と明かされる。お互いの利害が一致した悪名高い二人による、異色の合同捜査チームが結成される。公道カーチェイス、街・アジトで喧嘩アクション、宴席を囲んだ相手に張り手三連発など、どんな手を尽くしてでも犯人を捕まえようとする、ヴァイオレンス捜査劇が予告編で紐解かれている。


シーンの最後に、不適に笑うマ・ ドンソクの表情は何を意図しているのか。本編で行末をご確認いただきたい!
 
   

 



また今回、場面写真も大量に解禁!場面写真では凶悪組長チ ャン・ドンスの存在感を示すシーンが切り取られており、入れ墨姿のカットは 圧巻の一言だ。また“暴力刑事”・チョン刑事の姿や、狡猾な殺人鬼(キム・ソ ンギュ)といった、悪人たちの重重しい雰囲気を感じ取れる。


主演を務めたマ・ドンソクに、一番印象に残っているシーンを伺った。「カー チェイスのシーンですね。公道でのカーチェイスを撮影するのはとても大変でしたし、スタントチームも撮影チームも特に苦労した現場だったと思います。でもその甲斐あって出来上がりは素晴らしいものでした」と語り、迫力満点な “公道カーチェイス”が、予告編でも垣間見る事が出来る。
『猛毒を以って、猛毒を制す。』
世界中の映画ファン大注目の“マブリー”ことマ・ドンソクの魅力が炸裂する、韓国ノワール・エンタテインメント作品。
 


   

そして『悪人伝』ムビチケカードが6月5日(金)メイジャーオンライン限定発売決定!特典はポストカード!!
価格:1,400 円(税込) / 特典:「悪人だらけの」特製ポストカードセット(※特典はなくなり次第終了) 
販売サイト:https://www.major-j.com/index.php
 
【ストーリー】 
凶暴なヤクザの組長チャン・ドンスが、ある夜何者かにめった刺しにされる。奇跡的に一命をとりとめたドンスは対立する組織の仕業を疑い、手下を使い犯人探しに動き出す。一方、捜査にあたるのは、暴力的な手段も辞さない荒くれ者のチョン刑事。彼は事件がまだ世間の誰も気づいていない連続無差別殺人鬼によるものであると確信し、手がかりを求めてドンスにつきまとう。互いに敵意を剥き出しにしながら自らの手で犯人を捕らえようとするドンスとチョン刑事。しかし狡猾な殺人鬼を出し抜くために互いの情報が必要であると悟った 2人は、いつしか共闘し犯人を追い詰めてゆくーー。
 
【キャスト】
マ・ドンソク、キム・ムヨル、キム・ソンギュ/
【スタッフ】
監督・脚本:イ・ウォンテ/
2019 年/韓国/110 分/カラー/シネマス コープ/5.1ch/原題:악인전(THE GANGSTER, THE COP, THE DEVIL)/韓国語/(c)2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/akuninden/
シネマート新宿ほか 7月17日(金)公開予定





関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ