FC2ブログ

記事一覧

『ゲイツマジェスティ』公開記念舞台挨拶 奥野壮、続編やるならゲイツ×ツクヨミ W主演で

【イベント】
Vシネクスト『仮面ライダージオウNEXTTIME ゲイツ、マジェスティ』公開記念イベントが、2月28日、東京・新宿バルト9にて実施。キャスト・スタッフによる舞台挨拶には主人公・明光院景都/仮面ライダーゲイツ役の押田岳をはじめ、大幡しえり(ツクヨミ役)、板垣李光人(ウール役)、紺野彩夏(オーラ役)、兼崎健太郎(スウォルツ役)、諸田敏監督が登壇。サプライズで奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役)も駆けつけた。
 




今作では主演の押田。「レジェンドライダーのみなさんからライドウォッチを渡すことが卒業式になると『仮面ライダー鎧武』の佐野岳さんに話してもらった。力を受け継いでいく重みを感じて芝居をしました。平成を締めくくる仮面ライダーとして、相応しい役者になれたらいいなと思ってました。」とコメントすると、奥野から「その話されたの俺だけどね(笑)」と暴露され、これは奥野の話を聞いてのコメントだったようで、押田も苦笑い。


また、ジオウ最終回では記憶がリセットされ、今作では普通の高校生となった景都。苦労したことについて尋ねると、「ゲイツというキャラを1年間演じてきて、体に染みついているものがあるので、そこは自分に任せて、後は引き算で、ゲイツの固いキャラを崩していくことを考えて苦労してました。」と振り返った。


次にレジェンドライダーとの共演でのエピソードを聞くと、押田は「所属事務所には特撮関係出身の先輩が、いっぱいいるんです。それで普段からお芝居や殺陣とか、稽古を一緒にやったりするので、いつか一緒に画面に立ちたいなというのが目標だったので、それがジオウという作品を通して、達成できたのが嬉しかったですね。」と笑顔をみせていた。
 




ジオウの1年半を振り返ってみて、奥野は「凄く楽しかったです!いままで経験したことのない毎日を1年半過ごしたので、毎日楽しかったよね?」と、押田、大幡に問いかけ、2人も楽しかったと答えていた。


また、テレビシリーズの『ジオウ』でも監督を努めた諸田監督に成長した部分について尋ねると、「成長したかな…ちょっとおしゃれになった感じかな。」と答え、会場を大いに沸かせた。「これまで1年間、大泉(撮影所)に通ったんだから、みんなそれぞれ自分の個性や自分なりのお芝居の取り組み方とか。1年間、同年代で切磋琢磨してきたので、互いに分かり易いのかなと思いました」としみじみ。映画では特に拘りもなく「シンプルに高校生の話を撮って、その楽しさが伝われば良い」と明かしていた。


舞台挨拶も終盤。続編を作るならと質問が飛ぶと、押田は「スウォルツが、最初に体育教師という説があったので、それをやりたいですね」と提案。またスウォルツ役の兼崎からは「恋愛もので、誰と誰が結ばれてとか、ちょっと濃いのが見たいですね。あと、ギトギトしたのとか」という案が飛び出し、押田、大幡、紺野も『やりたい!やりたい!』とはしゃいだ。
奥野からは「ゲイツ、ツクヨミダブル主演で、未来編が見たい!レジスタンス編とか」といい、押田も「いいね!」と賛同。客席からも拍手が沸き起こっていた。
(編集部)
 
     



    



出演: 押田岳
大幡しえり 渡邊圭祐 
板垣李光人 紺野彩夏 兼崎健太郎
村上幸平 木ノ本嶺浩
岩永洋昭 戸谷公人
奥野壮 / 生瀬勝久
原作:石ノ森章太郎
監督:諸田敏
脚本:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦
主題歌:「Brand New Day」TRIPLANE
公式サイト: https://vcinext-kamenrider-zio.jp
©2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
2月28日(金)より期間限定上映中
4月22日(水) Blu-ray&DVD発売



関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ