FC2ブログ

記事一覧

映画『犬鳴村』公開直前会見 三吉彩花がプロレスに乱入!犬鳴めんそーれにハイキック炸裂!!

【イベント】
実在する心霊スポットを映画化した『犬鳴村』公開を直前に控え、スペシャル会見が、2月5日、東京・帝国ホテルにて実施。本作で映画界に初進出した「全日本プロレス」が会場にプロレスリングを特設設置。主演の三吉彩花をはじめ、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香、清水崇監督がリング上にて記者会見を行い、さらに「全日本プロレス」からは、エースである宮原健斗を特別解説につけ、【犬鳴(ブラック)めんそーれ・田村チーム】と【石川・大森チーム】の2チームに分かれ、“最恐”をかけたタイトルマッチが行われた。
 


本作の監督を務めた清水は「僕、生涯初ですリングに立たせていただいたの。今日、何が起こるか分かってないですが…」とリング上での会見に少し動揺しながら挨拶。
 


撮影から1年。本作のオファーを受けた時の心境を尋ねると、臨床心理士であり、『犬鳴村』の謎に迫る森田奏役の三吉は「ジャパニーズ・ホラーが苦手で、洋画のホラーは好きで観てましたけど、邦画はリアリティが凄く増していて知っている風景が出てきたりとか、ちょっとジトーっとしてて苦手だったので、初めてお会いした時に『清水監督の作品は1本も観ていません』と正直に話しました。」と明かし、オファーは嬉しかったという。


登壇したキャスト陣が、みんなホラーは苦手といい、会見中、リングが揺れることで三吉や他のキャストも驚き動揺。「本当に揺らさないで!」と、声を強めるほど三吉も怖がる場面も。そんな中、古川は「撮影現場に入ったら『ホラーの現場ってこんなに楽しんだ』ってくらいみんなで和気あいあいと大変でしたけど、作れたのが記憶に残っているので凄く良い経験をさせてもらいました。」と、ホラーは苦手ながらも撮影は楽しかったようだ。




さらに会見には、三冠ヘビー級チャンピオンの宮原健斗選手が登場!今回の全日本プロレスが映画界に進出について問うと、宮原は「この犬鳴のある福岡が僕の地元で家が近いんです。リアルにヤバいところですよ。それでホラー界の最凶対プロレス界の最強で戦おうじょないかと進出したんです。」と、経緯を明かし、心霊スポットとして有名で、ホラーというものにならないくらいヤバいと力説。宮原は「まさか、ここで犬鳴村と再会するとは思わなかった」といい、映画を鑑賞した際にはポップコーンを溢したほど怖かったという。
 




   



   



   

会見の後半では宮原、清水監督を特別解説につけ、【犬鳴(ブラック)めんそーれ・田村チーム】と【石川・大森チーム】で、“最恐”をかけたスペシャルタイトルマッチが行われた、試合中には何度か場外乱闘もあり、リングサイドから観戦していたキャスト陣を驚かせるたりと、観ていた三吉、宮野、大谷ら女性陣も大興奮!さらに場外乱闘に、ヒールを脱ぎ捨て三吉が“乱入”。犬鳴めんそーれ、田村の両者を相手に顔に犬鳴ハイキックをヒットさせ、見事なハイキックを連続で披露。
 
このハイキックに清水監督は、「現場で叱らなくて良かった…」とポロリ。乱入した三吉は「凄い興奮した。ちょっとだけキックボクシングをやっていて、うずうずしちゃいました!」と、満足げにニッコリ。生で初めてプロレス観戦した古川は「衝撃的でした!普段、乱闘してる人なんて見ることないので」と大興奮。
 
三吉のハイキックを受けた犬鳴めんそーれは「一瞬、記憶がが飛んだ気がした」、宮原は「フォームが綺麗でした!これはやってましたね?」とツッコミも。さらに石川からも「女優とプロレスラーの二刀流を目指して欲しいと思ってます!」とスカウト目線に、三吉は「事務所に一回確認します」と回答し会場を大いに沸かせた。
(編集部)
 




     



出演:
三吉彩花 坂東龍汰 古川毅 宮野陽名 大谷凜香 奥菜恵 須賀貴匡 田中健 寺田農 石橋蓮司 高嶋政伸 高島礼子
監督:清水崇
脚本:保坂大輔 清水崇
企画プロデュース:紀伊宗之
©2020 「犬鳴村」製作委員会
2月7日全国公開

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ