FC2ブログ

記事一覧

映画『カツベン!』奥田民生が唄う「カツベン節」で彩られた予告編解禁

【ニュース】
活動弁士、そして「映画」をテーマにした本作にふさわしく、山本耕史演じる映画監督・牧野省三の、「一二の、三やーっ!」と勢いのある本番スタートの掛け声から始まる予告編が解禁!奥田民生が唄うエンディング曲「カツベン節」に乗せて、一人前の活動弁士になることを夢見る主人公・俊太郎が小さな町の映画館・靑木館で働き始めた様子が穏やかに映し出れている。ところが、「なんだ、あの写真は!」と靑木館のスター弁士・茂木貴之が発すると事態は一変!実はこの靑木館はくせ者たちのオンパレード。ライバル映画館に客も人材も取られ、客席からヤジまで飛び交い、「靑木館もしまいやな」と身内からすら言われてしまう。そんなピンチに立ち向かうのは、なんと俊太郎!?まさかの“弁士デビュー”で俊太郎は靑木館を救えるのか!?
 

 
しかし、俊太郎の前に俊太郎を狙う凶悪泥棒やその泥棒一味を追う刑事、俊太郎の幼馴染の初恋相手までもが現れ、予測不能の大騒動に!予告の最後は、俊太郎の頭に銃口が突き付けられ、銃声の音ともに幕を閉じる。果たして靑木館、そして俊太郎の運命は・・・。
憧れの活動弁士になる夢を追いかける主人公・俊太郎が、予測不能のピンチに巻き込まれながらも奮闘していく極上エンタテインメントとなっている。
 
一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、 「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に 突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ!俊太郎の夢、恋、青春の行方は・・・!俊太郎の活弁が響き渡るとき、 世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。
 
出演:成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
監督:周防正行
脚本・監督補:片島章三 音楽:周防義和
エンディング曲:奥田民生
撮影:藤澤順一 照明:長田達也 美術:磯田典宏 録音:郡 弘道 活動弁士監修:澤登 翠 活動弁士指導:片岡一郎 坂本頼光
©2019 「カツベン!」製作委員会
 
12月13日ロードショー!
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ