FC2ブログ

記事一覧

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア開催!MIYAVI「女優としての輝きに魅了され、共鳴してここにいます!」アンジェリーナ・ジョリーを絶賛!!

【イベント】
ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔「眠れる森の美女」に隠されていた“禁断の呪い”を描いた『マレフィセント』。その続編となる『マレフィセント2』が日米同日の10月18日に公開される。この公開を直前に控え、アンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリーが来日。10 月3日、東京・六本木ヒルズアリーナにて『マレフィセント2』ジャパンプレミアを実施され、本作に出演するアンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリー、MIYAVIがイベントに登場した。本作は、“ディズニー史上最恐”とも謳われる美しきヴィラン、マレフィセントの“究極の愛”を描くファンタジー・アドベンチャー!
 

     


会場には招待されたファンと、会場外と併せておよそ1,100人の観客が集結集!中には『マレフィセント』のキャラクターコスプレもいたりと会場は熱気に包まれていた。
 

   


 


   


  


最初に会場に到着したMIYAVI、続いてサム・ライリー、2人がメディアのインタビューを受けていると、アンジェリーナ・ジョリーが家族とともに登場!フォトコールを終えると、ゆっくりとレッドカーペットを歩きながら会場のファンにサインや写真などの手厚いファンサービスを行い観客も、その神対応に喜びとともに大熱狂となっていた。
 

 
ムーア国の森をイメージして装飾されたステージに上がったアンジーは「この作品を皆様とわかち合えることをとてもワクワクしています」とコメント。「コンバンハー!」と日本語での挨拶に観客を沸かせたサム。「素晴らしい歓迎をありがとうございます!アリガトウ!」と、観客に手を振りながらニッコリ。続いてMIYAVIは「日本語がちょっとわからないんですけど…」とジョークを飛ばし、笑いとともに観客を沸かせ、「素晴らしい夜になるよう盛り上げていきましょう!」と呼びかけた。
 

 
マレフィセントはアンジーにとってどのような存在なのかと問われると、「すべての人の中にマレフィセントというキャラクターがいると考えている」と話し「彼女はワイルドで常に自由を求めていたり、誰もが人生の中で傷付いたり、迷子になってしまったり、人と違うと感じてしまうことがあり、『マレフィセント』は人に何を言われようとも前進していくそういう姿を表現しています」と述べた。次に本作のテーマについてたずねると、「家族というのは血が繋がっていなければならないことはなく、私たちはみんながひとつになれたときこそ、私たちは一番強くなれるというメッセージが作品には込められています」と思いを明かした。また、日本で行きたいところを尋ねると、アンジーは「やっぱり『キディランド』を訪れること」とニッコリ。
 

 

 
アンジーの魅力を男性陣に尋ねると、アンジーは「聞こえてるからね(笑)」と、サムとMIYAVIにピシャリ!サムは「私が今まで出会った中でもっともチャーミングな方のひとり。才能に溢れていて、疲れ知らずの人。今回、一緒に仕事ができて光栄と思ってます」と称賛。一方のMIYAVIは「彼女の作品にかける想いとパッション。女優としての彼女の輝きに現場で魅了されて、プロデューサーとしてもこの作品にメッセージを込めたいという想いを感じながら取り組んでいました。種族や、生活様式、価値観を超えてひとつになること。尊さを表現したいという彼女の思いに共鳴してここにいます。」と絶賛。2人からの言葉にアンジーも嬉しそうに笑みをみせ、「みなさんの期待を超えるような作品であってくれたら思ってます。そして心に響くような作品であったとしたならば、再び『マレフィセント』をお届けすることができるかもしれません。」と続編にも期待を寄せた。
(編集部)
 
監督:ヨアヒム・ローニング
製作総指揮:アンジェリーナ・ジョリー
原題:Maleficent: Mistress of Evil
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 
日米同日 10月18日(金) 全国ロードショー
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ