FC2ブログ

記事一覧

映画『Diner ダイナー』初日舞台挨拶 藤原竜也、オールメキシコロケで続編熱望

【イベント】
映像化不可能と言われた平山夢明原作の小説『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)が、藤原竜也×蜷川実花の初タッグで映画 化。蜷川監督にヒロインとして大抜擢された玉城ティナを迎え、さらに窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、さらに、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。本能を極限まで刺激するノンストップ・エンター テイメント映画『Diner ダイナー』が、本日、7月5日に封切られ、同日、丸の内ピカデリーにて初日舞台挨拶を実施。
 
舞台挨拶には主演の藤原竜也をはじめ、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛士、蜷川実花監督が登壇。壇上に姿を現すと、会場からは大きな歓声で上がり、藤原は「この濃いメンバーに囲まれて一か月半撮影を行ってまいりました。今日は宜しくお願い致します。皆さんの反応を聞くのは武田さんに任せま す(笑)」とコメント。それを受けた武田は「皆さんこんにちは!!僕ら勢揃いして皆さんの反応そんなものですか!?まだちょっと元気ないみたいなので皆さん一回スクワットしますか?」と彼らしい挨拶で会場を一気に盛り上げた。
 
蜷川監督は「ものすごく濃いメンバーで駆け抜けて、魂を懸けて作った作品です。 是非面白かったら宣伝お願い致します!」と作品に懸ける思いを笑顔をみせた。MCから初日だからこそお互いに話せる事、言いたいことを聞かれた藤原は「順調に撮影していたので特に無いです」と回答するも、監督から即座に 「雨のシーンはブーブー言ってたじゃん(笑)」とツッコミが。藤原は「雨ね!後半ずっと12時間位雨に打たれながら撮影していたのですが、真矢先輩が入 ってきて全部持って行くという(笑)真矢さんが立ちまわりをやると全スタッフから拍手が起きるんですよ。待て、待てと(笑)こっちは12時間打たれているのに拍手の1つもないじゃんか(笑)」と過酷なアクションシーンの思い出を笑いながら振り返った。
 
玉城は「なんで監督はカナコという役に私を当てはめたのかな、不安じゃなかったのかなっていうのを聞きたかったです」と質問。蜷川監督は「確かにそんなにたくさんお芝居をやっている訳ではなかったと思うのですが、何の不安も無かったです。それは皆さんに対してもそうで、大好きな人達ばかりだし、絶対凄いものになると決まっていると思ってモニター前にいました」と力強く回答し、玉城もホッとしたようだ。
 
窪田は武田に対してスペイン語をどの位練習したのかと質問。武田は「現場で聞いてくれたら良かったのに(笑)監修の方がご自身でスペイン語を喋っている動画を送って下さったんですけど、その方が何故か山手線の中でスペイン語の台詞を言っているんですよ。駅に降りるとかもっと場所があったんじゃないですかね。不思議な事前資料が送られてきました(笑)」と素朴な疑問から会場の笑いをきっちりとる見事なトークを展開すると、窪田は「流石っす・・・!」とコメント。本郷は窪田が演じるスキンの耳が欠けている理由を監督に質問。本郷が「自分としてはスキンが大きいピアスをしていて、セーターを着ている時に引っかけてやっちゃったんじゃないかと思っている」とコメントすると、監督からは「実際はノリで決めちゃったんですけど(笑)理由はセーターです!まさか当てられるとは!」と本郷の妄想が的中。
 
真矢は監督に対して、豪華なセットの中でも一番思い通りにいった部分について質問。監督は「横尾忠則さんですかね。ダイナーのメインセットに横尾さんの画を使うと決めた時に一気に色んなものが動いたんです。映画を世界と戦えるビジュアルにする為に日本の魂が入っているものにしたかったので、思いついた時はやった!と思いましたし、映像になった時も日本らしさが横尾さんを通じて出たんじゃないかと思います」と答えた。
 
奥田は「監督から“この映画どうですか”と聞かれた時に、“女性にしか撮れない映画だ”ということを申し上げたんです。でも 2、3日たって考えた時にそうじゃない。“この映画は蜷川実花しか撮れない映画”と言うべきだった思い、この場にて訂正させて頂きます」とコメントし、会場からは大きな拍手が沸き起こった。
 
そして、明後日が 7月7日の七夕ということで、店主も客も全員殺し屋のぶっとんだダイナーにちなんで、事前に【ここでしか言えないぶっ飛んだ願いごと】を記入した短冊型パネルをキャスト全員が披露。
 
藤原が【Diner ダイナー2 撮影 ALL メキシコロケ!!】、窪田は【Diner ダイナー世界へ】、武田は【Diner ダイナー2がありますように・・・】と書かれた短冊を披露し、各々続編や世界進出などへの意欲を見せました。最後に蜷川監督が全員の願い事から一番ぶっとんだものを選ぶ流れとなり、監督も「メキシコで2、いっちゃいましょうかね!」と続編への期待を覗かせた。
 
最後に藤原 が「今日が初日ですので、しっかりと宣伝していきたいと思っております。皆さんのお力も借りられますと嬉しいです。今日はありがとうございました!」と挨拶し、 イベントは大盛況のまま終了した。
(オフィシャルレポート・スチール)
 
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:diner-movie.jp
 
大ヒット公開中
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ