FC2ブログ

記事一覧

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』平岩紙、綾田俊樹、森下能幸、水澤紳吾、山中崇、ベンガルら新キャスト13人が解禁!メイキング映像も公開

【ニュース】

珠玉の人間ドラマを生み出してきた帚木蓬生の山本周五郎賞受賞作『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)が、『愛を乞うひと』『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督・脚本により映画化。『閉鎖病棟―それぞれの朝―』のタイトルで、2019年11月1日(金)に全国公開される。今回、新キャストおよびメイキング映像が解禁された。
 
本作の主演には国民的芸人・笑福亭鶴瓶を迎え、死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し今は精神科病棟にいる秀丸役を演じ、『ディア・ドクター』以来10年ぶりの主演を務める。また、秀丸と心を通わせる患者・チュウさん役で『そこのみにて光輝く』『新宿スワン』の綾野剛、父親からDVを受け精神科病院に入院する女子高生・由紀役で『渇き。』『恋は雨上がりのよう に』の小松菜奈が迫真の演技を見せている。
 
精神科病棟を舞台に、“死にぞこない”が出逢った、心通いあう仲間。その矢先に起きた事件に隠された事実とは…。衝撃のストーリーと号泣のヒューマンドラマ>に期待を高めている。

 



 


初解禁されたメイキング映像には、本作の為に7kgもの減量に成功し、いつもと全く雰囲気も眼差しも違う車いす姿の笑福亭鶴瓶。様々な問題を抱える精神科病棟を舞台とし、個性豊かな実力派俳優が揃った現場には緊迫感がありつつも、撮影合間の休憩時は、座長・鶴瓶がムードメーカーとなり和気藹々と談笑する場面も。普段は優しく明るい噺家の顔から役者の顔に変わる明らかな表情の違いにも注目。同時に平岩紙、綾田俊樹、森下能幸、水澤紳吾、山中崇、ベンガルをはじめ13人の新たなキャストが解禁。個性豊かな顔ぶれで本作によりいっそう世界観を与えている。
 
鶴瓶は、実際に本作の脚本を読んで、「涙が止まらなかった」といい、共演の綾野剛、小松菜奈も精神科病棟に入院する患者に挑戦し、綾野は「これは、閉鎖病棟という中で暮らす方々の日常で、ウソだけはない。」という。また、小松も「これは、挑戦しなきゃいけない役だなと思った。」と意気込みを語り、3人がそれぞれ問題を抱え、彼らが涙する理由とは?最後に鶴瓶は「人に優しい映画」と語っている。
 
【新キャスト】
平岩紙:キモ姉役(患者) ・綾田俊樹:ムラカミ役(患者) ・森下能幸:ダビンチ役(患者) ・水澤紳吾:ハカセ役(患者) ・駒木根隆介:テッポー役(患者) ・大窪人衛:フーさん役(患者) ・北村早樹子:オフデちゃん役(患者) ・大方斐紗子:おジギ婆さん役(患者) ・村木仁:ドウさん役(患者) ・片岡礼子:島崎佳代役(由紀の母) ・山中崇:島崎伸夫役(由紀の義父) ・根岸季衣:塚本富子役(チュウさんの母) ・ベンガル:酒井役(弁護士)
 
【STORY】
長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失 敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀(小松菜奈)。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは-----?
 
キャスト:笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈
坂東龍汰 平岩紙 綾田俊樹 森下能幸 水澤紳吾 駒木根隆介 大窪人衛 北村早樹子 大方斐紗子 村木仁 / 片岡礼子 山中崇 根岸季衣 ベンガル
高橋和也 木野花 渋川清彦 小林聡美
原作:帚木蓬生『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)
監督・脚本:平山秀幸
配給:東映
©2019「閉鎖病棟」製作委員会
 
2019年11月1日(金)公開
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ