FC2ブログ

記事一覧

映画『潤一』公開記念舞台挨拶 志尊淳、女優陣から潤一との共通点にギブアップ

【イベント】
映画監督、是枝裕和を中心に設立された制作者集団“分福”が手がけるプロジェクトが始動。フランス・カンヌの国際ドラマの祭典“カンヌシリーズ”のコンペティション部門に日本作品として初めて出品され、現地の関係者から絶賛を浴び、注目を集めた『潤一』がドラマ配信・放送に先駆け、6月14日より1週間期間限定で丸の内ピカデリーにて上映。この劇場上映初日を記念し、6月14日、東京・丸の内ピカデリーにて舞台挨拶を実施。主演の志尊淳をはじめ、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。
 
     
 
     
 
本作は注目の若手俳優・志尊淳が自身初のヌードやベッドシーンと、体当たりで挑んだ官能ラブストーリー。「自分の概念が否定された」と原作に感銘を受けた志尊が、6人の女性たちを虜にする妖艶な青年”潤一”を演じ、新境地を切り拓く。“潤一”の虜となる女性陣には、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子らが演じる。
 

本日より、1週間限定上映を迎え、志尊は「ドラマとはいえ短編映画のように撮っていたので、撮影中から映画館でかけられたらいいねと話していました。このように実現して幸せです」とコメント。また潤一役については、「小説を読んで、今まで感じたことない感情や、自分の中で強く感じていたものを覆される瞬間があって。そして言葉では説明しにくいのですが、僕が感じた潤一をはるかにこえるものを感じた」と語った。
 

 

 
志尊と潤一の共通点を女優陣に求めると、志尊は「タイプは違う部分が多いと思います」と話すと、藤井は「普段とのギャップがあるところ」、夏帆は「コミュニケーションを取らないところ」、原田は「見る度に顔の印象が違うので役に合っていると思う」と話したところで、志尊は「これ、続けますか?」と、思わず声をあげると、お客さんからは拍手で返され続行。蒔田は「現場での志尊さんは常に周りを見ていて、さーと来てさーと帰る。本当に潤一だなと思いました。」、 伊藤も「潤一みたいな方と思っていましたが、どうなんでしょう(笑)。ねこっぽい。動物的で本能的な潤一そのままのイメージ」と女優陣からの絶賛も苦笑いをみせながらも最後まで続けた。
 
最後に志尊から「この作品をこのように見てくださいというのはなくて、みなさんが感じとったものを楽しんでいただければと思います。官能的な部分が先行しているかもしれませんが、そこだけでなく、人間ドラマや登場人物の女性の美しさに魅了される作品になっています」と締めくくった。
(編集部)
 
【ストーリー】
潤一26歳、雲のごとく流れゆく6つの恋――。その激情は、女を潤す。
無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。出産をひかえた妊婦、映子。妹の旦那と寝る姉、環。亡くなった夫の不倫を疑う未亡人、あゆ子。夫に束縛された装丁家の女、千尋。処女を捨てたい女子高生、瑠依。毎日男漁りに出掛ける女、美夏…。それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。寄る辺ない日常に埋れていた女たちの人生は、潤一との刹那の愛で輝きを取り戻す。だが、潤一は、一人の女のそばには決してとどまらず、ふらりと去っていく。小さな波紋だけを残して…。潤一はどこから来て、どこへ行くのか。潤一が女たちに残すものとは?
 
出演:志尊淳 藤井美菜 夏帆 江口のりこ 蒔田彩珠 伊藤万理華 / 原田美枝子
エグゼクティブ・プロデューサー:河村光庸「あゝ、荒野」
企画:分福 / 北原栄治 是枝裕和 「万引き家族」
原作:井上荒野『潤一』
監督:北原栄治・広瀬奈々子 「夜明け」
脚本:砂田麻美「エンディングノート」
音楽:Koji Nakamura 制作プロダクション:スターサンズ
配給:スターサンズ
 
関西テレビにて2019年7月12日(金)25:55~放送。日本映画専門チャンネルにて2019年7月13日(土)23:00~放送。
【デジタルセル先行配信】
6月26日(水)よりAmazonプライムビデオ、iTune他にて配信
【見逃し配信】
放送終了後から、国内プラットフォームにて配信(予定)
製作:2019「潤一」製作委員会©️2019「潤一」製作委員会
 
6月14日(金)より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ