FC2ブログ

記事一覧

浜辺美波、吉岡里帆ら輝く美女がズラリ!『第30回 日本ジュエリーベストドレッサー賞』表彰式開催!!

ムービーコア
【イベント】
過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」へと、著名人に贈られる『第30回日本ジュエリーベストドレッサー賞』の表彰式が、24日、東京ビックサイトにて行われ、各部門の受賞者が出席した。
『第30回日本ジュエリーベストドレッサー賞』フォトギャラリー は←こちら

【10代部門 浜辺美波コメント】
素敵な賞をありがとうございます。心から嬉しく思います。
私は10歳の時にこの業界に入らせて頂き、沢山の女優さんの素敵なジュエリーを付けている姿を沢山拝見してきました。ですが、年齢的にも機会にも恵まれず、中々ジュエリーを付けることはできませんでした。今、18歳。今年19歳になりますが、少しづつジュエリーを付ける年齢になり、ずっと憧れていた女優さんのような素敵なジュエリーの付け方ができるように身も心も磨いて精一杯輝けるように頑張って行きたいです。
【20代部門 吉岡里帆コメント】
とても輝かしいそしてエレガントでキラキラと嬉しさで溢れています。
私の祖母がずっとダイヤのネックレスを大事にしていて、そのダイヤのネックレスは一生懸命働いて、自分のお金で買った自分の為のネックレスだったそうです。
子供の頃にブルーのベルベットに似合うダイヤが凄く綺麗で、子供なので『触っちゃいけない』大事な物という意識があって、どこか憧れのようなジュエリーでした。
私が20歳になった時に祖母が大事にしまってたダイヤのネックレスを私にプレゼントしてくれてその時に言ってくれたのが、『20歳で大人やから、一つぐらい本物を持ってたら、何か大変なことがあった時、自分に自信がなくなった時に背中を押してくれたり、大丈夫って思えるお守りになると思うからプレゼントするね』と私にくれました。
今でも大事な大事な宝物で、日々仕事する中で、自信がなくなりそうな時もあるんですけど、そっと祖母が背中を押してくれたり、祖母がくれた言葉のように、たった一つでいい本物になれるような、力が湧いてくる人になりたいなと思ってます。
いつか、そのダイヤのネックレスを自信を持って付けられるような女性に成長したいた思ってます。
【30代部門 橋本マナミコメント】
30代部門として選んで頂き大変嬉しく思います。私は13歳の時に芸能界入りして、10代、20代と下積みを過ごしていたんですけど、いつかこのような賞をもらえる女性になりたいなと思っていました。まさか30代でもらえるなんて思ってなかったので、受賞のお知らせを聞いた時には、マネージャーさんに『それは間違いではないですか?もう一回聞いてきてください』と信じられなくて夢のようです。ジュエリーは私にとってはパワーの源です。
30代になって、お仕事のご褒美に小さなダイヤの入った高価な指輪を買いました。それを付けるだけで、凄く心がワクワクしたり、もっとおしゃれしたいとか、女性として綺麗になりたいと思うようになって、ジュエリーから沢山の力をもらってます。ジュエリーも沢山貰えて、泥棒が入ってしまうんではないかと思ってるんですけど、それは守ってくれる人を見つけるのが一番だと思ってます。頑張ります!
【40代部門 常盤貴子コメント】
華やかな歴史ある賞を頂きましてありがとうございます。凄く嬉しくです。いま、『グット・ワイフ』というドラマを撮影中でして、毎日現場に行って、家に戻ってセリフを覚えて、また現場に行ってという毎日で、このような華やかな場にちょっとショックを受けてます。こんな世界にいて良いのだろうか…でも光栄な思いを胸に頑張ります。
女性にとってジュエリーとはなんなんだろうと考えたんですが、子供の頃から女の子はキラキラ光るジュエリーが大好きで、憧れて大人になったらあんなの付けたいと思ってお姫様の気分になるんです。女性は古の頃から宝飾品を身に付けていと考えたら何かパワーをもらえるものなんじゃないかなと、本当に何か力をくれるアイテムなんじゃないかなと思います。私もジュエリーとともに素敵な女性になれるように歩んで行きたいと思います。

【男性部門 舘ひろしコメント】
いつもテレビで『ジュエリーベストドレッサー賞受賞式』を観てまして、欲しいなと思っておりましたら、ついに今日、頂きました。ありがとうございます。
若い頃はペンダントやブレスレットやらを付けていた時代もありました。この歳になってくるとそういった物も付けずに、ジュエリーという物は人に贈る物だったり、買わされる物だったりしますけれども、これを機に私もジュエリーを身に付けたいと思っております。
【特別賞 男性部門 加山雄三コメント】
ありがとうございます!心から感謝申し上げます。
長生きして良かったなと思います。もうすぐ82歳になりますけれども、歳のことはあまり考えないで、毎日、毎日、幸せであることを祈りながらそして多くの人たちが幸せになれるような仕事をしていくそれが大切じゃないかなと思います。
今回頂いた物は全部家内にいくんだろと…(笑)。
唯一、私のこの羽根。映画『フォレスト・ガンプ』を家内と二人で観てて本当に感動したんです。素晴らしい映画で、その象徴が羽根だったんです。それでこの羽根を選んでくれたということに本当に嬉しいです。あと銀婚式の時には、お金はなかったんですけど、ダイヤモンドを家内に差し上げて、40周年ぐらいではエメラルドを受け取ってもらってて、今回で結婚48年目。50周年の時にはどうしようかと考えていたんですけど、ここでちょっと頂けたので、ちょっと一息つけるなとそういう気持ちで幸せだなと夫婦共々感謝しております。
また、他に50代部門で紫吹淳、60代以上部門では森昌子、特別賞の女性部門ではコシノジュンコが受賞した。
(編集部)
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ