FC2ブログ

記事一覧

映画『あらののはて』初日舞台あいさつに舞木ひと美 髙橋雄祐 藤田健彦 しゅはまはるみ 長谷川朋史監督が登壇

【イベント】
映画『あらののはて』が、公開初日を迎え 8月21日に池袋シネマ・ロサにて行われた舞台あいさつにキャストと監督が登壇し、「(デッサンモデルをしただけで)絶頂を感じた」シーンなどの貴重な裏話が語られた。

舞台あいさつには、舞木ひと美 髙橋雄祐 藤田健彦 しゅはまはるみ 長谷川朋史監督が登壇した。
     
冒頭、藤田が、ルネシネマ結成のいきさつについて、「長谷川さんが元々舞台演出家で、20 年前から僕とかはるみちゃんとかが作品に出させていただいました。それから随分時間が経って、長谷川さんは舞台から離れてしまっていたんですけれど、2017 年の暮れ、『カメ止め』が大爆発する前に、僕らは次の作品が決まっていないから、『長谷川さんやろうよ』と言って飲み屋で決まりました。」と説明。
主演の舞木は演じた風子について、「絵画モデルとして荒野君に絵を描かれている時に絶頂感を感じて、感じたことをずっと忘れられずに 8 年間過ごすんですけれど、『絶頂感を感じるってなんだろう』というのを今まで考えたことがなかったので、体の状態とか、感覚とか、気持ちとか、絶頂感というものを役作りとして毎日考えていました。」と裏話を披露した。

本作は、『女の子が出した食べかけのガムを食べる映画』と説明する人がいる位、高橋演じる荒野の冒頭のシーンのインパクトが強く役作りについて聞かれた高橋は、「監督から『風子と荒野は” 不思議ちゃん”という設定の映画』と言われたので、まず街中でひたすら高校生を観察しまくりました。でも、不思議な人はいなかったです。だから逆の発想で、”いなそうな人”を作っていきました」と、役作りのアプローチ方法を語った。

しゅはまは、風子に 8 年振りに荒野に会いに行くようけしかける絵画教室の先生役。「私は小劇場出身な んです。結構長いこと売れない小劇場俳優をやってきたんですけれど、その頃から小劇場界隈では話題をかっさらっていた大先輩たちが、私が演じる珠美の絵画教室の生徒として出演して下さっています。めったにそういう風には出演されない方々なので、めちゃくちゃ緊張しました。」と撮影エピソードを披露。 

長谷川監督が、「あの 3 人が並んでいるというだけで、小劇場界隈で話題になりました。」と付け加えると、しゅはまも、「”あの 3 人が舞台上にあがったら、何か大事件が起こる”というようなお三方なので、普通のことをやったら舌打ちされるんじゃないかと私はめっちゃ緊張していました。」と撮影を振り返った。しゅはまは、「『あらののはて』もどんどんこれから日本中に、もしかしたら世界とかにも広がっていて、ルネシネマが世界に轟くといいなと期待しております。」とメッセージを送った。
(写真・オフィシャルレポート)




出演  舞木ひと美  髙橋雄祐
眞嶋優 成瀬美希
藤田健彦 しゅはまはるみ
監督・脚本:長谷川朋史
配給:Cinemago 
配給協力:Giggly Box/Cinemaangel
<2020 年/日本/カラー/16:9/DCP/69 分> ©ルネシネマ 
9 月 10 日(金)まで池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開中ほか、全国順次公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ