FC2ブログ

記事一覧

映画『彼女はひとり』一人の女性の孤独な復讐劇! メインビジュアル・予告編が解禁! 10月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開決定

【ニュース】
昨年、「田辺弁慶映画祭セレクション2020」にて東京・大阪で上映され話題となった、一人の女性の孤独な復讐劇『彼女はひとり』が、ついに10月23日より新宿Kʼs cinemaにて単独公開決定! 新たなポスタービジュアルと予告編が到着した。

自殺を図ったものの、死ねずに生還した高校生の澄子(福永朱梨)。 学校に戻ってきた澄子は、教師である波多野(美知枝)と密かに交際している 幼馴染の秀明(金井浩人)を執拗に脅迫し始める。日々エスカレートしていく、澄子の「復讐」。そこには秀明との過去、そして澄子の家族に関わる、 ある少女の幻影があった。彼女の孤独な復讐の行き着く果ては...

主演は深田晃司監督「本気のしるし」では森崎ウィンに二股をかけられる同僚役を演じた福永朱梨。本作では、誰にも愛されない孤独と悲しみから他人を傷つけ、暴走していく主人公・澄子を繊細、かつ圧倒的な力で演じ、田辺・弁慶映画祭2019では俳優賞を受賞。その澄子に翻弄される幼なじみ・秀明に、『きらきら眼鏡』で池脇千鶴とダブル主演をつとめた金井浩人。ほか「牝猫たち』の美知枝や、『ミセス・ノイズィ』の三坂知絵子、『幸福な囚人』の山中アラタなど、個性的な面々が揃った。
監督は、中川奈月。本作は立教大学大学院の修了製作として作られたが、その脚本の完成度の高さから、黑沢清監督作品などを多く手がける芦澤明子が撮影で参加し、SKIPシティDシネマ国際映画祭にてSKIPシティアワードを受賞。その後進学した東京藝大大学院で監督した『投影』でもイラン・ファジル映画祭にノミネートされるほか、各地で監督特集が組まれ るなど若き実力派監督。

解禁されたポスタービジュアルには、「孤独な復讐が始まる― 」というコピーとは対照的な、瞳を閉じた澄子の姿が切り取られ、彼女の複雑な心象が垣間見える。中川奈月監督の恩師である黑沢清監督からの絶賛コメント(「⻘春という言葉からはるか隔たった 、あまりにもダークで狂気的な世界観に震撼していた。これは凄い。少なくとも日本映画で、このレベルに達した学園ドラマを私は他に知らない。」)も掲載された。 



併せて解禁された予告編では、教師との関係を隠す秀明(金井)が、死の渕から舞い戻った澄子(福永)の復讐によって徐々 に追い詰められていく様が映し出される。「なんかぜんぶこわれればいいかなと思って」と独白する澄子の姿が鮮烈な印象を残す。
公開に当たり、澄子役の福永朱梨、中川奈月監督からコメントも到着。

福永朱梨(主演・澄子役)コメント
「彼女はひとり」の撮影から6年近く経ちますが、こうしてま たスクリーンで上映する機会をいただけて本当に嬉しいです。 映画館で映画を観ることは特別な体験で、かけがえのないもの だとコロナ禍の中改めて実感しています。大好きなこの作品を、スクリーンで観られるこの機会にぜひ観 ていただけたら嬉しいです。この物語が沢山の人に届きますように。

中川奈月(監督)コメント
映画を監督するという事がどういうものか分からないまま撮らせて頂いたこの作品が、本当に多くの方に支えられて単独公開
を迎えられる事が出来て感無量です。撮影から数年が経って色んな方に出会い、この作品の強さについて私が沢山教わりまし
た。あの頃の私にしか作れなかったものと、それに乗ってくれたスタッフ、キャストとの出会いに感謝しています。
ついに多くの方に見て頂けるという事が本当に楽しみでなりません。ぜひ、見に来てください。劇場でお待ちしております。


福永朱梨 / 金井浩人 美知枝 中村優里 三坂知絵子 櫻井保幸 榮林桃伽 堀春菜 田中一平 山中アラタ
脚本・編集・監督:中川奈月 
プロデューサー:ムン・ヘソン 
撮影:芦澤明子 照明:御木茂則 録音:芦原邦雄 整音:板橋聖志 編集協力:和泉陽光 音楽:大嶋柊 美術:野澤優 衣装:古月悦子 助監督:杉山修平 スチール:明田川志保 吉田留美 特別指導:篠崎誠 配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト 配給協力:ミカタエンタテインメント
2018/カラー/ビスタ/60分 ©2018「彼女はひとり」
10月23日(土)より、新宿Kʼs cinemaほか全国順次公開
関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ