FC2ブログ

記事一覧

エリザ・ヒットマンの長編デビュー作『愛のように感じた』本編映像2種が解禁

【ニュース】
「17歳の瞳に映る世界」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したエリザ・ヒットマンの長編デビュー作『愛のように感じた』が 8月14日より公開されている。今回、新たに本編映像2種がYouTubeで公開された。「愛のように感じた」はブルクッリン郊外を舞台に、14歳の少女・ライラが経験する苦い恋の物語。



本編抜粋映像に収められたのは、ヒットマン監督が何度も説得して口説き落としたライラ役 ジーナ・ピエルサンティの魅力が詰まったシーン。1本目では、ライラが親友とそのボーイフレンドと共にビーチに遊びに出かけ、一人浮かない顔をしているところにタトゥーの入った年上のサミーがあらわれ、一目で心を奪われるシーンが切り取られた。



2本目では、ライラが背伸びしてサミーの友人たちに、車で家まで送ってもらうシーンが映し出される。知らない世界を知ったときの不安や高揚が織り交ぜになったライラの表情のフレッシュな変化に注目して欲しい。


監督・脚本:エリザ・ヒットマン
プロデューサー:エリザ・ヒットマン、シュリハリ・サテ、ローラ・ワグナー
エグゼグティブ・プロデューサー:タイラー・ブロディ、ハンター・グレー、ジル・ホランド
撮影:ショーン・ポーター
美術:ジェームズ・ボクサー
衣裳デザイナー:サラ・マロリーノ
サウンドデザイナー:ネイサン・ライル
編集:スコット・カミングス、カルロス・マルケス・マーセット
出演:ジーナ・ピエルサンティ、ジオヴァーナ・サリメニ、ロナン・ルビンスタイン
ジェシー・コルダスコ、ニコラス・ローゼン、 ケイス・プライム
2013年/アメリカ/82分

配給:イーニッド・フィルム
配給協力:グッチーズ・フリースクール
©2013 IFLL MOVIE LLC

『愛のように感じた』は本日8月14日より東京のシアター・イメージフォーラムでロードショー。その他、9月以降に出町座(京都)、あつぎの映画館kiki(神奈川)、上田映劇(長野)で順次公開される。なお最新作の「17歳の瞳に映る世界」は7月16日より全国で公開中。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ