FC2ブログ

記事一覧

東京ドキュメンタリー映画祭 特別賞受賞!『東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート』推薦コメント、青山真也監督インタビューが到着

【ニュース】
オリンピックが奪う『終の住処』強制退去させられた都営霞ヶ丘アパート住民の最後の生活の記録から、五輪ファーストの陰で繰り返される排除の歴史を描くドキュメンタリー映画『東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート』。
明治神宮外苑にある国立競技場に隣接した都営霞ヶ丘アパートは、10棟からなる都営住宅。1964 年のオリンピック開発の一環で建てられ、東京2020オリンピックに伴う再開発により2016年から 2017年にかけて取り壊された。本ドキュメンタリーは、オリンピックに翻弄されたアパートの住民と、五輪によって繰り返される排除の歴史を追った。




平均年齢が65歳以上の高齢者団地であるこの住宅には、パートナーに先立たれて単身で暮らす人や身体障害を持つ人など様々な人たちが生活していた。団地内には小さな商店があり、足の悪い住民の部屋まで食料を届けるなど、何十年ものあいだ助け合いながら共生してきたコミュニティであったが、2012年7月、このアパートに東京都から一方的な移転の通達が届いた。

2014 年から 2017 年の住民たちを追った本作では、五輪ファーストの政策によって奪われた住民たちの慎ましい生活の様子や団地のコミュニティの有り様が収められている。また移転住民有志による東京都や五輪担当大臣への要望書提出や記者会見の様子も記録されている。

監督・撮影・編集は、本作が劇場作品初監督となる青山真也。音楽は、2013 年「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞を受賞した大友良英が務めた。


今回、川瀬慈さん及びジェーン・スーさんの推薦コメントと、青山真也監督のオフィシャルインタビューが到着した。


我々は絶対に忘れてはなるまい、互いに支え合いつつましやかに生きてきた人々が、オリンピックのために、慣れ親しんだ生活の場をこのように奪われ、移住させられたことを。深い観察と傾聴に支えられた
ドキュメンタリー映画の真骨頂。

川瀬慈 (映像人類学者)


移り変わりの速い都会のど真ん中で、静かに佇む霞ヶ丘アパートが好きだった。東京は目のくら むような商業だけの街ではないことを体現するシンボルだと思っていた。外苑前を訪れることがあれば、青山通りから覗いてみたり、キラー通りから眺めたりした。「汚い住宅」だなんて思っ たことは一度もない。年金受給者になったら、女だらけでここに住みたいと、ぼんやり夢見たこともあった。霞ヶ丘アパートには精神的に豊かな生活があることが、遠目からも分かったから。
それがどうだろう、これほど傲慢な、居住者には無関係な理由で豊かな生活が根こそぎ排除さ れてしまうとは。居住者と同世代の親を持つ身として、引っ越しが高齢者の精神と肉体の両方を どれだけ疲弊させるか私はよく知っている。この世代のおかげで、戦後の日本が復興したのではなかったのか。近頃とみに目にするようになった、責任者不明のまま話がどんどん進んでいく不条理は、十年、いやもっと前から存在していたと知った。映像はナレーションもなく淡々と進ん でいくが、最後まで小さな商いをまっとうし、綺麗に掃除をして出ていく住民の気高さに圧倒さ れた。これは紛れもなく、助け合いながらきちんと暮らしを営んできた人々の姿。

ジェーン・スー (コラムニスト/ラジオパーソナリティ)







監督・撮影・編集、本作が劇場作品初監督となる青山真也

Q :本作の制作の理由をお教えください。

2013年にオリンピックの東京開催が決まった直後にドキュメンタリー映画『オリンピア52についての新しい視点』(監督:ジュリアン・ファロー)を見ました。フランス人の映画監督のクリス・ マルケルが若い頃に制作した、1952年のヘルシンキオリンピックの記録映画『オリンピア52』を 検証するというユニークな映画です。
この映画内で、『オリンピア52』の撮影秘話が語られるのですが、マルケルの撮影チームは競技場のメディア席に入ることができず、観客席からの撮影を強いられます。競技者の力強い姿をカメラに収めることができなくなったマルケルは、客席から一番良く撮影できる観客たちの姿を豊かに描きます。オリンピック大会そのものや、スポーツ自体を撮らなくとも、オリンピック映画は作れるのでは ないかということを学びました。この映画を観た後に、今度の東京オリンピックで2度目の立ち退きに遭う人がいるという噂を耳 にして、霞ヶ丘アパートに足を運びました。
         

Q :撮影は、手持ちカメラで人物を追ったり、インタビュアーがインタビューして誘導したりする 形ではなく、固定カメラで実際に起こることを淡々と記憶していく形ですが、そのようにした意図をお教えください。

この映画の目的の一つは、オリンピックによって無くなってしまう「生活」をカメラに収めることでした。高齢単身者が多いこの住宅では、テレビを見て1日を過ごすという人が多くいました。ご飯の時だけ立ち上がって、それ以外は1日中、ベッドの上でテレビを見るという人もいました。 それはある種、この団地(霞ヶ丘アパート)のリアルだったと思います。そんな生活を撮影するの に、手持ちカメラだったり、クレーンなどの大きな機材だったりは必要ありません。それよりも、三脚をしっかり据えて、静かに撮影をするべきだと思いました。
また、団地というのは様々な人々が身を寄せる、様々な意見を持つ人たちの集まりです。そんな様々な人々の生活を記憶に収めるということをこの映画では行っているのですが、関わりあう際に適切な距離感を保つ必要がありました。手持ちのカメラで私の関心が向かうままに記録をしていては成せない距離の保ち方が、この映画ではできているのではないかと思います。

Q :タイトル『東京オリンピック 2017 都営霞ヶ丘アパート』に込めた想いをお教えください。

移転後に元住民と話していると、「私たちは国策に協力したんだ」「私たちがどいたからオリン ピックが開催できるんだ」と話してくれる人たちが何人もいました。撮影していた当時、彼らが 重い荷物を持って、心も体も限界まで追い込まれ引越しする姿を見て、“悲しいオリンピックへ の参加”のように感じる場面が多くありました。
霞ヶ丘アパートの立ち退きは、通常の公営住宅の移転と捉えてはいけません。オリンピック開催のためとそれに関連した開発のために、立ち退きとなったのです。ですので、この作品を“オリンピックの映画”として見てほしいという想いがあります。“東京オリンピックの霞ヶ丘会場”というイメージでタイトルを決めました。2017というのは、アパートの取り壊しが完了した年です。

Q :冒頭、テレビの取材班が、「オリンピック反対ということはテレビでは放送できない」と言っ ているところから始まりますが、あの映像はどうして撮れたんですか?

2016年5月に行われた『SAYONARA 国立競技場 FINAL “FOR THE FUTURE”』というイベント内で、 1964年のオリンピックをフィーチャーするようにブルーインパルスが飛びました。イベントの前 日、私が霞ヶ丘アパートで住民を撮影していた際に、あるテレビ局のスタッフが「ブルーインパ ルスについて、競技場の近隣に住む人の視点でコメントが欲しい」と取材の依頼するために話し かけてきました。その際の様子です。
    

Q :『SAYONARA 国立競技場 FINAL “FOR THE FUTURE”』が開催された際、青山さんは、ブルー インパルスというよりは、観客の取材に国立競技場に行ったのだと思いますが、感じたことはありますか?

イベントに霞ヶ丘アパートの住民たちが招待されていたのです。イベントを楽しむ霞ヶ丘アパー トの方々を撮影しようと足を運びました。そもそも招待がされているという点を注意してみないといけないと思います。これから国立競技場の建て替えのための立ち退きをするという団地に招待状が来ているのです。以前から国立競技場や明治神宮野球場などでスポーツの試合がある際は、騒音問題や観客が流れ込んで住宅に迷惑をかけるということで、招待状が送られてきていて、それはあそこの地域のコミュニケーションの一つだったのですが、国立競技場最後のイベントにも住民が招待されているというのは、ただならぬ皮肉に感じていました。

本編中のブルーインパルスが飛ぶシーンでは、その上空に飛行する様子を見上げている人たちを 撮影したのですが、カメラに映っている客席は、霞ヶ丘アパートの住民たちが招待されたエリアです。彼らが、みんなが同じ方向を見ているというところに注目してほしいです。
2020年5月29日、そして今回の五輪の開会式の日(2021年7月23日)にも、行き届かない政府のコロナ対策から目を逸らすかのように、ブルーインパルスは飛んでいます。マスメディアでは、嬉々として空を見上げる人々の様子が取り上げられました。

またこのシーンは映画最後のシーンと対になるように編集しています。

Q :私は東京のマンションに40年住んでいますが、アパートの住民たちが一緒に掃除をしたりする 映像を見て、現代の東京の希薄なご近所関係にはないコミュニティがあったように感じました。取材していてどう思われましたか?

団地ごとに、コミュニティの行事やボランティアの清掃活動が行われていたり、いなかったりだ と思います。霞ヶ丘アパートは、アパートが建つ前から長年一緒に住んでいる人が多いという特 徴がありました。清掃活動や年中行事を繰り返すことによって、この団地(霞ヶ丘アパート)のコ ミュニティは形成されていきました。他の団地よりも結びつきが強く見えるかもしれません。し かし、若い世代が住宅に入ってこないまま高齢化を迎えているので、その脆さも垣間見えます。

Q :アパートの下に青果店があって、「後で上に持って行っておいて」というのも新鮮でした。歩 くのも大変な高齢者の方々が移転先で、同じようなサービスを受けられるか心配になりましたが、 取材していて、どう感じましたか?

このサービスは、このアパートのコミュニティが、長年一緒に暮らし、そのまま高齢化していく 中で作り上げた素晴らしいサービスです。衣食住の“食”という大切な要素だけでなく、皆さん 高齢者なので、“安否の確認”という二つが同時に提供されるかけがえのないサービスだったと 思います。移転先には商店を作ることができず、ああいったサービスを受けられないことが、ア パート移転に不安を持つ要素にもなっていたのではないかと思います。

Q :読者の方にメッセージをお願いします。

オリンピックが優先された結果、政府の新型コロナウィルスの対応の一環で様々な人々の生活に影響を及ぼしているわけですが、映画館は大きく影響を受けた一つだと思います。営業時間や席 を減らしたり、または営業休止したりしました。
この映画はオリンピックが奪った人々の生活を映しています。この状況下で、映画館で鑑賞する ことに意味がある作品となりました。マスク等、コロナ対策をした上で、ぜひ映画館でご覧ください。




監督・撮影・編集:青山真也
劇中 8mm フィルム映写協力:AHA! [Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカ イブ]
音楽:大友良英
整音:藤口諒太
配給:アルミード
2020 / 日本 / カラー / 16:9 / DCP / 80min
©Shinya Aoyama
公式サイト:http://tokyo2017film.com
8 月 13 日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ