FC2ブログ

記事一覧

world's end girlfriend ライブ作品 劇場版『DANCE ALONE』新感覚音響システム「odessa」上映 8/13より劇場公開決定!! 『うみべの女の子』メインテーマ「Girl」特別 MV も併映

【ニュース】
ヒューマントラストシネマ渋谷にて 8 月 13 日(金)から 1 週間限定で、world's end girlfriend のライブ作品 劇場版「DANCE ALONE」の、新感覚音響カスタムスピーカーシステム「odessa(オデッサ)」上映が決定!『うみべの女の子』のメインテーマ「Girl」のスペシャル MV も併映する。
world's end girlfriend がコロナ時代のライブ表現として 2020 年 12 月に無料ライブ配信したコンサート作品「DANCE ALONE」 。新編集を施した劇場版「DANCE ALONE」としてヒューマントラストシネマ渋谷にて 8 月 13 日(金)より限定 1 週間レイトショー公開が決定した。



カスタマイズスピーカーに備わる音圧を全身で堪能する日本初の音響システム【odessa】にて上映する。また、『うみ べの女の子』の劇伴のメインテーマ曲である world’s end girlfriend の「Girl」のスペシャル MV も併映。この MV は映画の劇中映像に未公開シーンを加え『うみべの女の子』のウエダアツシ監督が編集した。


劇場版『DANCE ALONE』
【上映期間】
8/13(金)~8/19(木)
【場所】
ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター1 
【料金】
チケット均一:2,000 円

  

「DANCE ALONE」とは
『カラフルな闇の中で一人で踊り続けるための未知なる儀式』というコンセプトで制作されたコンサート作品「DANCE ALONE」は、美しい光と闇と轟音とともに新曲、初ライブ演奏曲、未発表アレンジ ver などが披露された。ゲスト Vo に Smany, BOOL が参加。レーザー、照明に huez、3D ワールド制作に young yAA、VJ に rokapenis を迎え、全体のディレクションは world’s end girlfriend 自身によって行われた。

odessa(オデッサ)とは
 optimal design sound system(+α)の略。
 「劇場ごとに最適化されたサウンドシステム」に「劇場独自の映画体験が付加される」という意味。セルゲイ・エイゼンシュテイン監督『戦艦ポチョムキン』にあるオデッサの階段シーンが、モンタージュ理論を確立した映画史におけるターニングポイントとされていることから、この音響システムが、東京テアトルの新たな歴史を作るものとしたいと考え、名付けられた。


石川瑠華 青木柚
前田旺志郎 中田青渚 倉悠貴
宮﨑優 髙橋里恩 平井亜門 円井わん 西洋亮 / 高崎かなみ いまおかしんじ 村上淳
原作:浅野いにお「うみべの女の子」(太田出版<f×COMICS>) 監督・脚本・編集:ウエダアツシ 音楽: world’s end girlfriend 挿入曲:はっぴいえんど「風をあつめて」(PONY CANYON/ URC records)
製作:藤本款 吉田尚子 市村亮 前信介 村松克也 宮前泰志 水戸部晃 エグゼクティブプロデューサー:甲斐真樹 プロデューサー:白川直人 秋山智則 ラインプロデューサー:鈴木徳至 技術コーディネーター:豊里泰宏 宣伝プロデューサー:小口心平 撮影:大森洋介 照明:石垣達也 音響:弥栄裕樹 美術・装飾:横張聡
衣裳:小宮山芽以 ヘアメイク:河本花葉 助監督:平波亘 制作担当:飯塚香織 共同脚本:平谷悦郎
スチール: 岩﨑真子 中島未来 山﨑みを 宣伝デザイン:大寿美トモエ
『うみべの女の子』製作委員会
(スタイルジャム、クロックワークス、TC エンタテインメント、キュリオスコープ、グラスゴー15、ポニーキャニオン、カラーバード、コンテンツ・ポテンシャル) 制作プロダクション:スタイルジャム 制作協力:コギトワークス 
配給:スタイルジャム
107 分/DCP/シネマスコープ/5.1ch/カラー/日本 R15+ (C)浅野いにお/太田出版・2021『うみべの女の子』製作委員会
8 月 20 日(金) 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ