FC2ブログ

記事一覧

映画『ホロコーストの罪人』バラバラになったユダヤ人家族を待つ衝撃の運命とは!?本編映像が解禁

【ニュース】

ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描いた衝撃の実話『ホロコーストの罪人』。家族はベルグ収容所へ送られ、唯一残った母サラが涙ながらにオスロ港へと強制連行されるシーンが解禁





本作は、ホロコーストにノルウェー警察・市民らが加担していたノルウェー最大 の罪を描いた知られざる衝撃の実話である。ノルウェー系ユダヤ人たちをベルグ収容所に連行して強制労働を監視し、アウシュヴィッツ行きのドナウ号が待つオスロの港に強制移送したのは同じノルウェー人であり、その結果、ドナウ号に 乗船したノルウェー系ユダヤ人の多くがアウシュヴィッツでホロコーストの犠牲者となった。




なぜユダヤ人一家、ブラウデ家の幸せは奪われなければならなかったのか...。遠い出来事のように思える歴史的悲劇を、平凡なブラウデ一家を通して描くことで今を生きる人々にも身近な恐ろしさとして訴えかける、感情を大きく揺さぶる壮大なドラマとなっている。

出演は、『獣は月夜に夢を見る』のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』のシルエ・ストルスティン、『ミレニアム』シリーズのミカリ ス・コウトソグイアナキスほか。監督は、『HARAJUKU』で国内外の高い評価を得たエイリーク・スヴェンソン。

ノルウェー秘密国家警察・クヌート副本部長の号令により、町に残ったユダヤ人の女性、子供らを強制連行するため、一斉に各地域に散らばったタクシーは、ブラウデ家にも迫っていた。母サラは警察がきていることを知らされ急いで隠れたが、あっけなく見つかり連行されてしまう。涙を浮かべ車窓から外を見つめるサラ。オスロ港に到着すると、「全員、受付で手続きを済ませろ」と言われ、不安げな表情で歩き出すが、大勢のユダヤ人女性や幼い子供が列をなす異様な雰囲気に戸惑い、足取りはおぼつかない。サラは決死の覚悟で受付係に「私たちはどこへ?」と問いかけるが、何も言われず証明書は没収された。驚きを隠せないまま外に出ると、そこには巨大な移送船“ドナウ号”が停泊していたのだった。 何も知らされず連れてこられたサラに待ち受けている運命とは...知られざる衝撃の映像が解禁となった。


監督:エイリーク・スヴェンソン 
脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド 
製作:マーティン・サンドランド 
音楽:ヨハン・セデルクヴィスト 
出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス、カール・マルティン・エッゲ スボ
2020 年/126 分/カラー/ビスタ/5.1ch ノルウェー語・ドイツ語/ノルウェー/日本語字幕:高橋澄 PG-12
原題:Den storste forbrytelsen 
英題:Betrayed 後援:ノルウェー大使館 配給:STAR CHANNEL MOVIES ©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED. 
8月27日(金)、新宿武蔵野館 ほか全国順次公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ