FC2ブログ

記事一覧

吉沢亮、「俺らマジ、リベンジャーズじゃん!」山田裕貴とともに浴衣姿で登場!『東京リベンジャーズ』大ヒット御礼舞台あいさつ

【イベント】

いま、激アツな映画『東京リベンジャーズ』が、7 月 9 日から公開 3 日間の興行収入が約 7 億円、累計動員数は 50 万人超えという週末興行成績No1のロケットスタートを切った!!

7月17日、マイキー役の吉沢亮、ドラケン役の山田裕貴の 2 人が浴衣姿で登壇した『東京リベンジャーズ』大ヒット御礼舞台あいさつが、東京・新宿ピカデリーにて実施。この舞台あいさつは全国の劇場と同時生中継ライブビューイングも行われ、マイキー&ドラケンという最強コンビの登壇に全国の劇場を沸かせた。

吉沢は「公開されて1週間、多くの方々が観て頂きありがとうございます。」と、感謝を込めてあいさつ。続けて山田は「多くの反響を頂きありがとうございます。嬉しいです!」と、再び舞台あいさつに登壇できたことを喜んだ。



50 万人超えという週末興行成績No1のロケットスタートを切った本作。いまの心境を尋ねると、二人揃って『素晴らしいです!』と笑顔をみせ、コロナの影響により撮影延期。不安の中公開時期も変更になったりと、この苦境を乗り越えて撮影を終えたといい、「先に放送となっていたTVアニメ『東京リベンジャーズ』が人気になり、みんなで苦しい思いして、それに負けず頑張ってきたことで追い風となってくれたと」と吉沢。「何かリベンジャーズだな…俺ら。俺らマジ、リベンジャーズじゃん!」と、喜びを露わにし、山田も吉沢の言葉に頷き笑顔を見せていた。


本作でのマイキー&ドラケンのビジュアルについて拘った点について尋ねると、ドラケンを演じた山田は「剃らなきゃなと思っていて、キャラクターによってビジュアルが原作ファンにとって重要なので、剃ってなくてドラゴンのタトゥーもなかったら『ドラケンじゃない』と言われ作品を観たくないと言われてしまうので、まずキャラクターに寄せてからがスタートだと思っていました。」と拘りを明かした。

マイキーを演じた吉沢は「ビジュアルを合わせていくことで役がこう馴染んでいくというか。僕は金髪のときはカツラなんです。黒髪の方に注力していたので冒頭の衝撃に備えてください」と、見どころをアピール。

スクリーンにマイキーの回し蹴りのシーンが映し出され、見どころの一つでもあるアクションシーンについて、吉沢は「マイキーのハイキックをどう表現するのか、原作とは違いアクロバティックなマイキーなのでカポエラみたいな感じの回し蹴りにしている。めちゃくちゃ練習した」と解説していたが、吉沢は「バッキバッキに体が硬いので」と、この場で前屈してそれを証明。「当時は毎日柔軟してサウナでも10分ほど柔軟をしていました」といい、当時はベタっと前屈が床に届くほどだったという。

続いて、山田のドロップキックのアクションシーンが映しだされ、「アクションは息を合わせないとパンチもあってしまったり危ないので。」と解説し、マイキーとの身長差を出す為に15センチほどのインソールをブーツに入れてその状態でアクションをしていたいう。ただ山田としては、インソールの為にブーツが重くなり思うようなアクションができなかったと明かした。



また、プライベートでも交流がある2人。初対面での印象を尋ねると、山田は「僕が戦隊ヒーロー出身でライダー出身(吉沢)だったので映画の舞台あいさつが一緒だった時に、メイクが隣同士になって、その時に初めて喋りかけた一言が『もの凄いイベメンですね』」と、声を掛けたが吉沢は一切覚えていないといい、なぜ?覚えていないのかと問うと、吉沢は「言われ過ぎて覚えてない」と答え笑いを誘った。

そんな吉沢は山田との初対面について「共演シーンはなくて、一緒の映画に出ている作品のキャスト、監督と軽く打ち上げがあった時に、ほぼ初対面の状態で結構ディープなキスをしたんです」と告白。この話に客席をざわつかせ、さらに引かせるという状態に、山田は「お酒も入ってたから周りに言われたんだよ」と説明。吉沢も「いろんなところで男と男がキスしているのが勃発しちゃって、ディープな接吻を交わしましたね」と、初対面を振り返った。


初対面でディープなキスを交わした2人。山田は「別の作品で恋愛とかではなく、キスシーンがあったんです。『僕たち初めてじゃないんです』キスしたことあるんですと伝えたら、スタッフさんたちが『えっ、えっ!えっ!えっ!』ってなって、謎な雰囲気になっていました」と、明かし、山田、吉沢も苦笑いをみせていた。大ヒット御礼舞台あいさつながら最後には、初対面でディープキスというエピソードも飛び出す、イベントとなった。
(写真・記事 オオタ・マコト)






原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)
監督:英勉 脚本:髙橋泉
出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮 
主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
大ヒット上映中

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ