FC2ブログ

記事一覧

ドキュメンタリー『東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート』オリンピックが奪う『終の住処』、、予告編、解禁 武田砂鉄らの応援コメントも到着

【ニュース】

オリンピックが奪う『終の住処』強制退去させられた都営霞ヶ丘アパート住民の最後の生活の記録から、五輪ファーストの陰で繰り返される排除の歴史を描く。




明治神宮外苑にある国立競技場に隣接した都営霞ヶ丘アパートは、10棟からなる都営住宅。1964 年のオリンピック開発の一環で建てられ、東京2020オリンピックに伴う再開発により2016年から 2017年にかけて取り壊された。本ドキュメンタリーは、オリンピックに翻弄されたアパートの住民と、五輪によって繰り返される排除の歴史を追った。

平均年齢が65歳以上の高齢者団地であるこの住宅には、パートナーに先立たれて単身で暮らす人や身体障害を持つ人など様々な人たちが生活していた。団地内には小さな商店があり、足の悪い住民の部屋まで食料を届けるなど、何十年ものあいだ助け合いながら共生してきたコミュニティであったが、2012年7月、このアパートに東京都から一方的な移転の通達が届いた。



2014 年から 2017 年の住民たちを追った本作では、五輪ファーストの政策によって奪われた住民たちの慎ましい生活の様子や団地のコミュニティの有り様が収められている。また移転住民有志による東京都や五輪担当大臣への要望書提出や記者会見の様子も記録されている。監督・撮影・編集は、本作が劇場作品初監督となる青山真也。音楽は、2013 年「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞を受賞した大友良英が務めている。

東京ドキュメンタリー映画祭 2020 特別賞受賞を経て、2021 年 8 月 13 日(金)よりアップリンク吉祥寺及びアップリンク京都にて、8月21日より名古屋シネマテークにて公開されるほか、大 阪・シネヌーヴォ、横浜シネマ・ジャック&ベティで公開。また、急遽、東京 2020 オリンピッ クの開催に合わせ、7 月 23 日(金)~7 月 29 日(木)までアップリンク吉祥寺及びアップリンク京都にて、緊急先行上映が決定している。




予告編が解禁。併せて武田砂鉄さん、稲葉剛さん、睡蓮みどりさん、ヴィヴィアン佐藤さんよりコメントも到着している。


「上が悪いのよ」、住民の言葉が耳に残る。大切な場所を潰した「上」は、これを観て何を思うのだろう。やっぱり、観ようともしないのだろうか。

武田砂鉄(ライター)


ずっと、そうだったのだ。コロナ禍が到来する何年も前から、五輪は、東京は、いのちを軽んじ、犠牲を強いてきたのだ。壊された団地は戻ってこないが、かき消された声に耳を傾けることは今 からでもできる、ということをこの映画は教えてくれる。

稲葉剛(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)


“感動”や“絆”が何かの犠牲の上にしか成り立たないのなら、そんなものは成立させなくていいと、私は思う。霞ヶ丘アパートは人間らしく生きるための場所だ。家だけでなく人間の尊厳を奪った罪はあまりに重い。

睡蓮みどり(文筆家・俳優)


ストイックなカメラは決して国家の社会事業を糾弾しているだけではない。
徐々に消えていこうとする存在の「不確かさ」を捉えていた。

ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン/美術家)



監督・撮影・編集:青山真也
劇中 8mm フィルム映写協力:AHA! [Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカ イブ]
音楽:大友良英
整音:藤口諒太
配給:アルミード
2020 / 日本 / カラー / 16:9 / DCP / 80min
公式サイト:http://tokyo2017film.com
8 月 13 日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにてロードショー
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ