FC2ブログ

記事一覧

特撮の神様・円谷英二の失われた幻の映画『かぐや姫』85年ぶりの凱旋上映決定!! 円谷英二 生誕120年記念特別イベント開催

【イベント】

『ウルトラマン』や『ゴジラ』といった数々の世界的作品を世に送り出し、日本初の「特技監督」として世界中のファンの心をつかんできた“特撮の神様”円谷英二は、今年 2021 年 7 月 7 日に生誕 120 年を迎えた。


©円谷

特撮テレビシリーズの金字塔「ウルトラマン」も、 世代を超えて愛され続け、1966 年の誕生から今年で 55 年という記念すべき年を迎えた。この記念すべき年に、主催:国立映画アーカイブ・須賀川市、特別協力:円谷プロダクションにより、8 月 17 日(火)より「生誕 120 年 円谷英二展」の開催が決定! また、円谷英二が特撮に足を踏み入れる以前、本編カメラマンとして活躍していた頃の作品で、長い間失われていたフィルム『かぐ や姫』の短縮版(1936)が、イギリスで発掘され、凱旋および上映が決定した。そして、円谷英二の誕生日である7月7日に、「生誕120年 円谷英二展」と映画『かぐや姫』凱旋上映の企画発表のため、国立映画アーカイブ長瀬記念ホール OZU にて記者会見が行われ、オフィシャルレポートが到着。

会見では国立映画アーカイブ館長・岡島尚志氏、展示・資料室長主任研究員・岡田秀則氏、映画室長主任研究員・大傍正 規氏より『かぐや姫』発見、上映までの経緯が語られ、円谷プロダクション代表 取締役会長兼 CEO 塚越隆行氏より円谷英二生誕 120 年、そしてウルトラマン 55 周年についての想いが語られた。

岡島は「このイベントは日本における特撮技術の創始者・円谷英二の生誕 120 周年をお祝いするものでございます。また、映画『かぐや姫』の発見は国際的な連携が良い形で実った一例と言えると考えております。長年の収集事業の成果が活かされた展覧会で展示される数々の怪獣映画、SF映画のポスターなども、私共の地道なアーカイブ活動の成果であり、円谷英二という巨人の業績を雄弁に語ってくれるものとなっているかと思います。」と、関係者への感謝を語るとともに、展覧会への自信をみせた。

塚越は「円谷プロダクションの創業者である円谷英二の生誕 120 周年の年に、円谷英二展を開催し、『かぐや姫』を上映できることを大変嬉しく思います。また今年はウルトラマンの誕生から 55 年目という年でもありますので、このタイミングで皆さまにお届け出来る意味を感じております。この企画が沢山の皆さんに円谷英二監督の偉業を知って頂く機会になれたらと思います。また『かぐや姫』は 後に“特撮の神様”と呼ばれる円谷英二監督の若き日の作品という事で、随所に後の特撮作品に繋がってくる創意が観られます。こちらの作品も多くの方に観て頂ければと思います」とあいさつ。

また同日午前中に福島県須賀川市で同士出身の1964年東京五輪 でマラソン銅メダルに輝いた円谷幸吉選手(1940~68 年)と円谷英二監督に名誉市民の称号を授与する授賞式が実施されたことについても語った。そして特別ゲストとして 円谷英二監督の三男である円谷粲(あきら)氏が登壇し、「120 年経っても円谷英二が忘れられずに、残した功績を祝ってくれるということを、大変有難く思います。感謝に堪えません。120 年も生きた実績があるというのは大したものだなと思います。この年になると(父・英二)から何を言われたか思い出せませんが、こうした展覧会などを通して、再度インプットしつつ、新しい人達が何か得られることを出来ればと思います」とあいさつの言葉を述べ、後にマスコミによる質疑応答が行われ、会見は終了した。


若き円谷英二撮影の幻の映画がイギリスから帰還ー 


映画『かぐや姫』の発見について

イギリスで発見された、J.O.スタヂオ製作によるトーキー音楽映画『かぐや姫』 (国内公開 1935 年、監督:田中喜次、撮影:円谷英二)の海外向け短縮版(1936 年作成)が、85 年の時を経て日本へ里帰りを果たした。長らく失われていた『かぐや姫』は、「ゴジラ」「ウルトラマン」シリーズを生み出した、今年生誕 120 年を迎える“特撮の父”円谷英二が撮影を手がけた初期作品だ。

日本からイギリスへフィルムが渡った経緯

① ロンドン日本協会(ジャパン・ソサエティ)が 1936 年に英国人や現地邦人向けの上映会を企画し、在英日本大使館に「日本の可憐な伝説、童話を題材にした映画がほしい」と依頼する。
② 同大使館から相談を受けた外務省が、外郭団体の国際映画協会に作品選定を委嘱し、『かぐや姫』が輸出フィルムとして確定する。
③ 国際映画協会の監修により、冒頭に英語字幕による解説を付した短縮版が作成された。 

『かぐや姫』発見の経緯

2015 年 5 月、ロンドン在住の映画史研究家ロジャー・メイシー(Roger Macy)氏から 、英国映画協会(British Film Institute、BFI)に本作の可燃性ポジフィルムが現存しているという情報が寄せられる。同年 10 月、当館研究員が BFI の保存センターで現物調査を実施。その結果、当時日本映画を通じて文化振興を行っていた国際映画協会の監修により、1936 年 11 月に作成された『かぐや姫』[短縮版]であることが明らかになる。その後、およそ6年にわたる BFI との収集交渉を経て、『かぐや姫』[短縮版]を不燃化したフィルムの里帰りが実現した。



国立映画アーカイブは 2021 年 8 月 17 日(火)から展覧会「生誕 120年 円谷英二展」を開催。『かぐや姫』の上映も決定


『かぐや姫』

製作・配給:J.O.スタヂオ
オリジナル版公開:1935年11月11日(京都宝塚劇場)、11月21日(日本劇場)
オリジナル版上映時間:75 分(9 巻、2051m)
1936 年に国際映画協会の監修により英国への輸出向けに再編集された短縮版の上映時間:33 分(3 巻、908m)。 ※今回、冒頭の英語字幕による解説には日本語字幕を付しました。
脚色:J.O.企画部 
監督:田中喜次 
撮影:円谷英二 
録音:万宝圭介
考証並美術監督:松岡映丘 作曲並音楽監督:宮城道雄 台詞並演技監督:青柳信雄 主題歌作詩:西條八十 ミニチュア制作・撮影:政岡憲三 アニメーション用の牛及び牛飼い人形(石膏像)制作:浅野孟府 
出演:北澤かず子(かぐや姫)、藤山一郎(造麿)、徳山璉(太麿)、汐見洋(竹取翁)、東日出子(竹取嫗)、横尾泥海男(宰相阿 部)、藤輪欣司(細身)、下田猛、上田吉二郎
演奏:宮城合奏団、ビクター管弦楽団・混声合唱団 舞踊:高田せい子按舞、高田舞踊団総出演 
主題歌:ビクターレコード第 53604 番(A 愛の歌:藤山一郎、渡邉はま子、B かぐや姫:徳山璉、ビクター合唱団)

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ