FC2ブログ

記事一覧

映画『サイコ・ゴアマン』催眠効果?「サイコ・ゴアマン…サイコ・ゴアマン…」と連呼される宇宙の声が入った宇宙映像が到着!!

【ニュース】
「サイコ・ゴアマン…サイコ・ゴアマン…」と連呼される宇宙の声が入った宇宙映像。4:3の画面サイズに静止画が劣悪な画質でつながっており、80年代のVHSクオリティを彷彿とさせる。壮大な宇宙のカットから始まり、宇宙怪人たちが会議をしている画像にはちゃんと「宇宙会議」のテロップが入れられ、揺れに揺れるノイズまみれの映像ながらも映画のあらすじがしっかりと把握できる内容となっている。この映像は『サイコ・ゴアマン』の世界を表現するべく一人の担当者によってすべてスマートフォンで自宅制作された。画像は1枚づつ出力した紙を撮影して紙芝居風につなげ、宇宙の声を作り上げるべく抑揚のないナレーションを然るべき環境で録音。エフェクトをかさねながら理想の声を追求した結果、妙な催眠効果を発揮するまさに宇宙の声となった。




「サイコ・ゴアマン・・・」の言葉は1分18秒のなかに7回、約11秒に1回登場。「宇宙会議・・・」の発音、声質、音質もまさに宇宙感に溢れたものとなっている。そしてこの宇宙の声に映画のサウンドトラックで大人気、“銀河系最大の悲劇はこの曲が短すぎることだ!”と海外騒然のBlitz//Berlinによる「Two Hands, One Heart」がミックスされた。

この映像を見た『サイコ・ゴアマン』のスティーヴン・コスタンスキ監督は、「これは面白い!最高だ!この歪んだ画質、質感が大好きだ。ジョン・カーペンター監督の映画『パラダイム』(87)を思い出した。人々が夢の中で未来を警告するひずんだビデオ信号を傍受する場面だ」と歓喜のコメントを寄せた。日本語ながらも宇宙の声の催眠作用が効いた可能性もある。


監督・脚本:スティーヴン・コスタンスキ 製作総指揮:ジェシー・クリステンセン 
製作:スチュアート・F・アンドリューズ、シャノン・ハンマー、スティーヴン・コスタンスキ
撮影:アンドリュー・アペル 編集:アンドリュー・アペル、スティーヴン・コスタンスキ 音楽:ブリッツ//ベルリン
出演:ニタ=ジョゼ・ハンナ、オーウェン・マイヤー、アダム・ブルックス、アレクシス・ハンシー、マシュー・ニネバー
2020 年|カナダ映画|95分|スコープ|5.1ch|DCP|原題:PG(PSYCHO GOREMAN)| PG12               公式サイト:http://pg-jp.com
キングレコード提供
アンプラグド配給
© 2020 Crazy Ball Inc.
7月30日(金)公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ