FC2ブログ

記事一覧

日本のアニメスタジオとスター・ウォーズのプロジェクト始動!!『スター・ウォーズ:ビジョンズ』新たなる「スター・ウォーズ」特別映像解禁

【ニュース】
日本のアニメスタ ジオとスター・ウォーズによる前代未聞のプロジェクトに参加する 7 つのアニメスタジオ等の詳細情報と特別映像が解禁。アメリカ・ロサン ゼルスで毎年開催されている北米最大のアニメイベント Anime Expo のデジタルバージョンの”Anime Expo Lite 2021“が開催さ れ、ルーカスフィルムからジャッキー・ロペス(エグゼクティブ・プロデューサー)、ジェームズ・ウォー(エグゼクティブ・プロデューサー)、ジョ ッシュ・ライムス(エグゼクティブ・プロデューサー)らが登場し、本プロジェクトに対する思い、日本アニメスタジオへのリスペクトを熱く語った。
「スター・ウォーズ」の生みの親ジョージ・ルーカスは日本の神話や、黒澤明監督の映画から多くのインスピレーションを得たと公言し、その影響は現在まで続く全ての作品へ注がれ、スター・ウォーズが描くテーマやストーリー、キャラクタ-すべてに日本文化との繋がりが 脈々と受け継がれている。



そしてついに、その“創造のルーツ”といわれる日本へスター・ウォーズが還ってくる──現代の日本文化を象徴し、その創造性で世界のエンターテイメントにも多大な影響を与えている日本のアニメとスター・ウォーズのプロジェクト『スター・ウォーズ:ビ ジョンズ』が始動。
[神風動画][キネマシトラス][サイエンスSARU][ジェノスタジオ][スタジオコロリド][トリガー][プロダクションI.G]という名立たるアニメスタジオの参加が発表され、世界最高峰のクオリティを誇る作品を送り出してきた日本のアニメクリエイターたちの“ビジョン”を通してスター・ウォーズの新たな物語が描かれる。

スター・ウォーズの銀河をさらに広げるこの新しいオリジナル短編アニメ映画集はディズニープラスにて2021年9月22日(水)より全9作品が一挙独占配信となる。

ルーカスフィルムが熱望し実現したこの壮大なプロジェクトに参加する、日本のアニメーションを牽引し世界的評価を得る作品を生み出してきた7つのスタジオに加えて、彼らが制作する全9作品のタイトルと特別映像も解禁された。

公開された特別映像にスター・ウォーズを心から愛する日本のトップアニメクリエイターたちが登場し、このプロジェクトと自身の作品への熱い想いを語る。スター・ウォーズのレガシーを受け継ぎながらも、日本の美を感じさせる繊細さと美しさや、アニメ特有の“可愛さ”など、日本のアニメ文化のスピリットを持ち込み、スター・ウォーズと日本のアニメという2つの世界観が融合した作品の概観が紹介され、さらに広がるスター・ウォーズの世界への期待が高まる映像となっている。

アニメクリエイターたちの“ビジョン”で紡ぎ出される独自性あふれるスター・ウォーズの世界観への驚きと、日本らしさに満ちた美しい世界観の一端を感じられるコンセプトアートの数々が映し出され、日本だけでなく世界的な注目作品となる事は間違いなさそうだ。
日本文化への強いリスペクトと情熱を持つルーカスフィルムと、つねにアニメーションの限界を超え世界的に存在感を増す日本のアニメスタジオがタッグを組むことで実現した『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、2021年9月22日(水)よりディズニープラスにて日米同時配信。

以下全9作品のタイトル
『デュエル』/『The Duel(原題)』
『村の花嫁』/『The Village Bride(原題)』
『T0-B1』/『T0-B1(原題)』
『赤霧』/『Akakiri (原題)』
『のらうさロップと緋桜お蝶』/『Lop and Och?(原題)』
『タトゥイーン・ラプソディ』/『Tatooine Rhapsody(原題)』
『ツインズ』/『The Twins(原題)』
『エルダー』/『The Elder(原題)』
『九人目のジェダイ』/『The Ninth Jedi(原題)』

2021年 9月22日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ