FC2ブログ

記事一覧

映画『キネマの神様』完成披露舞台あいさつに菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子らキャスト再集結!!

【ニュース】
公開に先駆けて 6 月 28 日に豪華キャスト陣が集結!! 完成披露試写会舞あいさつが実施された。菅田将暉、永野芽郁、 野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、宮本信子、前田旺志郎の豪華キャスト陣と、山田洋次監督が登壇。

様々な困難に直面した完成までの日々を 振り返りながら山田監督は「一時はどうしようかと思い呆然としていましたが、沢田研二さんがピンチヒッターとして志村さんとは全く 違うゴウを演じてくれました。大変な出来事を経て完成した作品となりますので、亡き志村さんを思い出しながら観ていただきたいです。」と強い思いと絆によって完成された本作を観客のもとへ届けられることの喜びを語り、菅田は「山田監督が新しく書き直した脚本を読んだ時、新しいパワーを感じました。沢田研二さんの演技はどこか志村さんを連想させましたし、確実にいろんなものが残っていてほかの作品にはない映画になっていると思います。」と、自身にとっても特別な作品となったことを明かした。

数々の困難を乗り越えて人の絆が繋がれて完成された本作の撮影は北川にとっても特別に心に刻まれたものになったといい、北川は「実は本作の撮影中に子供を授かっていまして、一番に監督にご報告をさせていただいた時に『いいお母さんになってくださいね』と声をかけてくださって、嬉しくて涙が出てしまいました。」と、撮影での忘れがたいエピソードを明かす。寺島も同じく監督との絆に背中押されたと言い 「役作りで悩んでいた時に山田監督が『僕は歩があなたでよかった』と背中を押してくれて、涙が止まらなくなってしまいました。この 出来事はこれからの女優人生で大切な宝物になりました。」と撮影でのエピソードを明かすと、続けて前田も「山田監督が自分のためにアドバイスをしてくださって、時間を割いてくれたことが奇跡」とキャスト陣から続々と山田監督とのエピソードが語られた。

永野は 山田監督からの意外な挨拶があったといい、「撮影の日の朝に『How are you?』と聞いてくださったことです(笑)。山田監督の英語を聞けた!という嬉しさと驚きがありました。」と、本作で描かれる映画撮影所のように家族のような温かさで撮影が行われていたことを明かした。
映画監督になる夢を追いかけたゴウの青春の日々を描く過去パートでは、菅田、野田、永野、北川によって展開されるシーンも見どころの一つだが、野田は「(4 人のドライブシーンを撮影中に)4 人でいたときに、外でスタッフが話しているのを見て『これリテイクの可能性があるな...』とか話していました(笑)」と撮影中の裏話を披露。北川も「『ダメだったのかもしれないね...』とか(笑)」と話し ていたことを明かすと、この微笑ましいやり取りに劇場は笑いに包まれた。

山田監督はそんな 4 人を前に「今回のキャスト陣はほとんどの方と初めてで、新しい人と巡り合える喜び、楽しみが僕にとって大きな刺激となり楽しかったです。」とこの松竹 100 周年を記念する作品での新たな出会いへの喜びを語った。そうして作り上げられた映画を愛し“映画の神様”を信じ続けたゴウの物語がついにこの 8 月公開される。宮本は「手を叩いて観たり、映画の中の世界に乗りうつったかのように楽しい状況で観ていました。」と子供の頃の映画館での思い出を語り、映画館で映画を見ることの素晴らしさを語ると、山田監督は最後に「映画館と言うのは大勢の観客が笑いあって観るものだと思いますので、満員の映画館でこの作品を観ていただけるような状態であることを願っております。」と映画界への想いを語り、菅田は「俳優としての財産となった映画がもう少しで公開されることが嬉しいです。期待に応えられる作品と なっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」とメッセージを送ると、映画館のスクリーンは大きな拍手で埋め尽くされ、キャス ト陣と山田監督の熱い想いに満たされた舞台挨拶は幕を閉じた。
(写真・オフィシャルレポート)

  



配給 :松竹
(C)2021「キネマの神様」製作委員会
8 月 6 日(金)全国ロードショー
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ