FC2ブログ

記事一覧

『まずはフィルムからはじまった!』オムニバス映画『短篇集 さりゆくもの』から、スピンオフ上映企画がスタート

【ニュース】
日本映画の異才たちに愛され続けてきた女優・ほたるの呼びかけで集まり2月に公開されたオムニバス映画『短篇集 さりゆくもの』から、スピンオフ上映企画がスタート!
亡くなった人や失われゆく映画文化を再発見する機会を作り、トークイベントなども行っていく。第一回目は7月24日(土)アテネ・フランセ文化センターにて、8mm、16mm、35mmのフィルム上映を行う。

      

まず8mmで上映されるのは、映像作家・小口容子監督作品2本。
87年製作『エンドレス・ラブ』はPFFアワード1988入選作品だが、平野勝之、園子温らも参加し、当時PFFのディレクターを怒らせたという伝説のインディペンデント映画。もう一本、94年製作の『2010年、夏』には、井口昇や藤田秀幸(現在は藤田容介)も参加。当時の8mm映画の アナーキーな勢いを感じる2本となっている。
 
16mmで上映されるのは、サトウトシキ監督が本藤新という変名で撮った94年製作の
ピンク映画『覗きがいっぱい 愛人の生下着』(原題:「明日のジョー」は生きてるさ)。
当時サトウ監督と共に、ピンク四天王と呼ばれていた瀬々敬久が、南極1号という名前で脚本を担当した名作。本上映企画の主宰者である、ほたる(葉月螢)がデビュー2作目の初々しい姿で登場している。本作は、35mmで撮影されているが今回は縮小版の16mm上映となる。
 
35mmで上映される『色道四十八手 たからぶね』は、ピンク映画50周年を記念して企画されるも、製作準備中に企画・原案の渡辺護監督が病に倒れ、代わりに脚本を担当した井川耕一郎監督が2014年に完成させた作品。『短編集 さりゆくもの』の1本でほたる監督の『いつか忘れさられる』は、『色道四十八手 たからぶね』で使用され残った35mmフィルムを使って撮られたもので、本上映企画の出発点となった作品と言える。
 
当日は、小口容子監督、サトウトシキ監督、井川耕一郎監督が顔を揃え、主宰のほたると共にトークイベントも行う。

『短篇集 さりゆくもの』スピンオフ上映企画Vol.1 まずはフィルムからはじまった!

Aプログラム 13:30開場/14:00開映
「エンドレス・ラブ」 (1988年/46分/8mm)監督:小口容子/出演:小口容子、平野勝之、袴田浩之
「2010年、夏」 (1994年/35分/8mm )監督:小口容子/出演:小口容子、いむたこうし、井口昇
 
Bプログラム 15:45開場/16:00開映
「覗きがいっぱい 愛人の生下着」原題:『「明日のジョー」は生きてるさ』/1994年/55分/16mm縮小版/R18指定)
監督:本藤新(サトウトシキ) 脚本:南極1号(瀬々敬久)企画:朝倉大介 製作:国映 配給:新東宝
出演:小島康志、林田ちなみ、葉月螢(ほたる)、吉行由実
 
*トークイベント:17:30~18:00 (出演:ほたる、小口容子監督、サトウトシキ監督、井川耕一郎監督)
 
Cプログラム 18:15開場/18:30開映

色道四十八手 たからぶね」(2014年/71分/35mm/R18指定)  
監督・脚本:井川耕一郎 企画・原案:渡辺護 製作:PGぴんくりん く出演:愛田奈々 岡田智宏 佐々木麻由子 ほたる
 
7月24日(土)13時開場 14時~20時  *各回入れ替え制 場所:アテネ・フランセ文化センター  
料金:各プログラム券 前売予約1000円/当日1200円通し券 予約2500円(30枚限定)/当日2800円

2021年7月24日(土)アテネ・フランセ文化センターにて上映
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ