FC2ブログ

記事一覧

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠、山田杏奈、3種類のティザービジュアル&特報映像、初解禁!!

【ニュース】
映画『彼女が好きなものは』より解禁されたティザービジュアルは、【ゲイ】であることを隠して日々を過ごす男子高校生・安藤純(神尾楓珠)と、【BL 好き】を隠しているクラスメイトの女子・三浦紗枝(山田杏奈)の 2 人の姿が写し出されているが、主人公の純が奥から紗枝を見つめる印象的な構図となっている。ゲイであることを家族や周りの人たちに打ち明けられず、悩みながら自分を隠して生きている純のキャラクターを表すように、ピントは手前の紗枝にあたり、純の姿はどこか焦点が定まらない。 「僕はゲイだ。だからって“ふつう”の幸せをあきらめたくない。」キャッチコピーからは、世間にはびこる“ふつう”という価値観と自分らしさとの狭間で葛藤する純が、「異性を愛したい」「家庭を築きたい」という願いを内面に秘めていることが伝わる。
また、純と紗枝がデートで訪れる水族館の水槽の鮮やかなブルーが背景のビジュアルとなっている。



あわせて、純と紗枝の姿を一人ずつとらえた、ティザー【純 ver.】と【紗枝 ver.】も解禁。【紗枝 ver.】には、彼女の心情を伝える「私は BL が好き。だからって好きな人がゲイだとは思わなか った。」というコピーがそえられている。






純は自分が【ゲイ】であることを知らない紗枝から告白される。 「自分も“ふつう”に女性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか?」。 一縷の望みをかけ、純は紗枝の告白を受け入れ、付き合うことになるが・・・。 純と紗枝が学校で一緒にお弁当を食べる場面や、遊園地に行ったり、浴衣姿 で楽しそうにデートをする場面が映し出される一方で、紗枝には明かしていない、恋人・誠(今井翼)とキスをする直前のカットも映し出されており、自分が 望む“あたりまえ”の幸せと自分らしさとの狭間で揺れ動く純が描かれている。



原作:浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊) 
監督・脚本:草野翔吾 
出演:神尾楓珠 山田杏奈 前田旺志郎 三浦獠太 池田朱那
渡辺大知 三浦透子 / 磯村勇斗 山口紗弥加 / 今井翼
エグゼクティブプロデューサー:成 宏基 / プロデューサー:前原美野里、宮本 綾
ラインプロデューサー:小泉 朋 / 音楽:ゲイリー芦屋
撮影:月永雄太 / 照明:藤井 勇 / 美術:安宅紀史 / 録音:齋藤泰陽 / 装飾:山本直輝 スタイリスト:SAKAI / ヘアメイク:寺沢ルミ / 編集:浦部直弘 / 助監督:杉岡知哉 / 制作担当:狭間聡司 スチール:柴崎まどか / 宣伝デザイン:大寿美トモエ / 宣伝プロデューサー:小口心平
企画協力:KADOKAWA / 企画・制作・プロデュース:アニモプロデュース 配給:バンダイナムコアーツ、アニモプロデュース
製作:「彼女が好きなものは」製作委員会
2021 年/日本/121 分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/デジタル 
(c)2021「彼女が好きなものは」製作委員会 PG12 
公式サイト: https://kanosuki.jp
2021 年 秋 TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ