FC2ブログ

記事一覧

主演の辻千恵「とにかく安心感がすごい」と水石亜飛夢の印象を語り絶賛!!映画『男の優しさは全部下心なんですって』舞台あいさつ

【イベント】
6月11日より公開となった映画『男の優しさは全部下心なんですって』の舞台あいさつが 、公開翌日となる6月12日に東京・新宿シネマカリテにて行われ、主演・辻千恵、水石亜飛夢、のむらなお監督が登壇した。

本作は大学時代に制作した「からっぽ」(18)で PFF アワード 2018のホリプロ・エンタテインメント 賞を受賞したほか下北沢映画祭、田辺・弁慶映画祭などに入選し、単独公開も果たしたのむらなお監督の最新作。辻演じる人を全力で愛するが、常に二番手になってしまう恋愛体質の女性 ・宇田みこの姿をポップで毒気のある世界観と共に描いた異色のラブストーリーだ。みこのバイト先の友人で良き相談相手・日向亮を水石が演じている。

「男友達に恋愛の相談ををした時、『男の優しさは全部下心なんだから、騙されるな』と怒られたことが制作のきっかけ」と語るのむら監督。『男の優しさは全部下心なんだそうなんだけど、みんなはどう思う?』と問い掛けたかった」と続けた。



本作でMOOSIC LAB 2019女優賞を受賞した主演の辻は作品について、「撮影中は後のことまであまり考えられなかったんですが、完成した作品を観て、最後まで諦めずに演じてよかったと思いました。いろいろな感謝が浮かぶ作品です。」と感想を述べた。水石も「映画らしく、みんなの力で作りあげることができた作品。劇場で公開出来て感慨深いです。」と語った。



辻と水石が互いの印象について、水石は「辻さんはクリアで透明な雰囲気。穏やかな空気が流れているような人。」と語る。辻は水石の印象について、「現場にいてくれるだけでとにかく安心感がすごい。撮影中悩んでいた時、アイス食べようと誘ってれました。」と語ると会場からは笑いも。

最後には「恋愛という人生において大きなものがテーマな作品。主人公のみこや、その周りの男たちに自分を重ねて併せて繰り返してご覧いただけたら」(水石)「この映画で⻑い旅ができて幸せでした。 (演じた)みこを通して、楽しいでも、嬉しいでも、日常とは違う気持ちになって頂ければ嬉しいです」 (辻)「いろいろなことがあっても、それでも誰かと信じようとする主人公の姿を通して、恋は素晴らしい と思って頂ければ幸いです。」(のむら)とそれぞれメッセージを送った。 
(写真・オフィシャルレポート)

映画『男の優しさは全部下心なんですって』は全国順次公開中

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ