FC2ブログ

記事一覧

映画『うちの執事が言うことには』永瀬廉、ナイフやフォーク、スプーンを使う食事の所作に大苦戦

【ニュース】
4月10日(毎月10日)は“パンケーキの日”。本作の中でも、永瀬演じる名門・烏丸家の当主・花穎様が大好きなのが、使用人雪倉叶絵(原日出子)が焼くパンケーキ。
このパンケーキの日を記念して、劇中では花穎様を笑顔にする、撮影中はキャストを苦しめた!?“うち執”SWEETS&MEALの写真を一挙解禁。さらに撮影エピソードも明かされた。
 
解禁された“うち執”ならでは、上流階級の世界を彩る烏丸家の朝食やスイーツ、神宮寺演じる赤目刻弥がオーナーを務めるパティスリー「アントルメ・アカメ」の極上スイーツの写真は、彩りよく見た目も綺麗でインスタ映え確実。本編内でも、その美しさが伝わりやすいよう、それぞれ皿の上から撮影されていることが多かったといい、映画の中で、この世界観を映し出す重要な役割を担っている。
 



もちろん永瀬演じる花穎は烏丸家の当主として、優雅に食事をするシーンが多かったが、所作…つまりナイフやフォーク、スプーンといったものを使う食事のシーンはとにかく苦戦をしたとか。「スープは皿に顔を近づけず、こぼさないようスプーンを自分にもっていく」「サラダは適度な量をフォークでさす」、言葉で言うと簡単そうだが実際にやってみるとなかなか難易度の高いマナーを、実際の執事の方に学びながら撮影を進めていったという。
 

そして、花穎が大好きというこの「雪倉が焼くパンケーキ」を食べるシーンでは、「一口で食べられる大きさにカットしたパンケーキをフォークで何枚かまとめて食べるというのが花穎のお気に入りの食べ方。だけど、所作を気にしながらなのでなかなかうまくいかず、パンケーキを何枚も焼いてもらった」という。しかし永瀬は、劇中ではそんな苦労は微塵も見せず、見事に気品あふれる美しい身のこなしで御曹司を演じきっている。
 
 

さらに、注目すべきなのがスイーツ。神宮寺演じる赤目のパティスリーで作られる色とりどりのケーキや、花穎のティータイムに並べられるスイーツは、誰しもが味見してみたい衝動に駆られそうな品々がズラリと並んでいる。
 
永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince) 優希美青 神尾楓珠 前原滉 田辺桃子 矢柴俊博 村上 淳
原日出子 嶋田久作 吹越満 奥田瑛二
原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路 脚本:青島武
主題歌:King & Prince 「君に ありがとう」 (Johnnys’ Universe)
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
 
5月17日(金)より全国ロードショー!
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ