FC2ブログ

記事一覧

映画『ベルリン・アレクサンダープラッツ』5月20日よりオンライン上映スタート!! 白石和彌監督、滝藤賢一、石野卓球、スプツニ子!ら 著名人から絶賛コメント到着!本編映像も一部解禁

【ニュース】

5 月 20 日(木)より、MIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXT の動画配信サービスにて、各国映画祭へ出品・数々の受賞を記録し、海外メディアでも注目を集める、映画『ベルリン・アレクサンダー プラッツ』のオンライン上映が開始!!


本作を鑑賞した著名人から絶賛コメントが到着!!

映画監督の白石和彌氏(『孤狼の血』『凪待ち』)は「やられた、まいった、何 もかもが素晴らしい。」、俳優の滝藤賢一氏は「180 分を一気に走り抜ける面白さ!」とコメントも到着。



さらに、本編映像の一部が解禁! 朝焼けの美しいベルリンの街を一台の車が走る中、フランシスの嘆きが響き渡る。難⺠としてドイツに辿り着き、善人になりたいと誓ったにも関わらず、犯罪に巻き込まれ負傷してしまったフランシスは、窓に映る街のランドマーク・ベルリンテレビ塔を見上げ何を想うのか。この怪我をきっかけにフランシスはある女性と出会い、彼の物語は怒涛の展開を繰り広げていく。

到着コメント*順不同*敬称略


白石和彌(映画監督) 
新たな絶対的ギャング映画の誕生だ。やられた、まいった、何もかもが素晴らしい。この魂震わす寓話は、生きている限り私 の中に沈殿して蠢き続けるだろう。

滝藤賢一(俳優)
180 分を一気に走り抜ける面白さ!また、生まれてしまいましたね...。 若者映画の金字塔を打ち立てる、新たな切り口のぶっ飛んだ映画だ。

石野卓球(電気グルーヴ)
3 時間引き込まれました。真っ当に生きるってなかなか難しいですね。

スプツニ子!(アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授) 善人でありたいという意識をもちながら、構造的問題で悪に苛まれ続ける物語は、決して彼独特のものではないはずだ。

岡田利規(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)
 (モダン・)クラシックスに同時代的解釈を与える、それを用いて現代を描く。その趣向のこんなにも堂々とした、かつヴィヴィ ッドな体現。

香山哲(漫画家(『ベルリンうわの空』))
100 年前と変わらない、人間が生きようともがく姿。石畳や自然公園といった、100 年前からここにいる都市のパーツたち は、何を思うだろうか。

渋谷哲也(ドイツ映画研究)
デーブリーンの原作が 100 年前のベルリンを克明に記録したように、クルバニの映画は現代ベルリンの捉えどころのない危うさ と魅惑を余すところなく伝えている。

粂田文(慶應義塾大学理工学部准教授/ドイツ文学研究) 
こんなにかっこよかったっけ?と、久しぶりにデーブリーンの原作小説を読み直してしまった。クルバニ監督のポストコロニアルな 視点を取り込んだ翻案に脱帽です。

宇野維正(映画ジャーナリスト)
3 時間超えの⻑編、ドイツ文学史に刻まれる傑作、過去にはファスビンダーの伝説的作品も。 そんないくつものハードルを軽く乗り越えてくる、現代と都市についての鮮烈なスケッチ。 登場人物全員ロクデナシだが、彼らの行く末を見つめ続けずにはいられない。


監督:ブルハン・クルバニ 脚本:マーティン・ベーンケ、ブルハン・クルバニ 原作:アルフレート・デーブリーン 出演:ウェルケット・ブンゲ、イェラ・ハーゼ、アルブレヒト・シュッヘ、アナベル・マンデン、ヨアヒム・クロルほか 原題:Berlin Alexanderplatz 製作国:ドイツ・オランダ 製作年:2020 年
本編尺:183 分 配給:STAR CHANNEL MOVIES レイティング:R15+相当

5 月 20 日(木)より MIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXT にてオンライン上映 

配信先:【MIRAIL(ミレール)】
https://mirail.video /title /1030001
【Amazon Prime Video】
【U-NEXT】
価格:1,500 円(税込)/購入から 48 時間視聴可能/
MIRAIL のみ「特典映像アフタートーク」付きバージョン(ブルハン・クルバニ監督、ウェルケット・ブンゲインタビュー)※変更の可能性あり 公式サイト https://star-ch.jp/starchannel-movies/detail_048.php
twitter:@berlinalex_jp
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ