FC2ブログ

記事一覧

映画『海獣の子供』予告編解禁!!息を呑むその映像美と久石讓の音楽で海に呑み込まれる

【ニュース】 
自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリー ト』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞したSTUDIO4°Cが映像化。芦田愛菜をはじめとする注目の人気若手キャストから豪華キャストの声優出演が話題となっている本作の予告映像が解禁された。

 




 


解禁された予告篇では、冒頭の迫力あるザトウクジラに驚かされ、「海で起きるほとんどの事は、誰にも気づかれない」というコピーに目が止まる。地球の71%をも占める海について、人間が目にすることが出来る、知ることが出来る事象は、一体どのくらいあるのか? 映画『海獣の子供』は何を見せてくれるのか、 期待が高まる導入になっている。
 
そこから、主人公・琉花の夏休みのはじまりへ。琉花とジュゴンに育てられた少年 「海」と「空」との出会いや、彼女が幼い頃に体験した不思議な思い出のシーンも描かれている。前半は浜辺の静けさを、後半は海の荒々しさを表現したかのような久石譲の音楽に乗せ、3人の出逢いをキッカケに始まる海洋冒険ミステリーの一端を垣間見ることが出来る。加えて、音楽を担当する久石譲よりコメントが到着。
 
【久石讓コメント】
この映画の面白さは、ストーリー として予測出来ないところにあります。哲学的であるとも言えます。全編を通してミニマル・ミュージックのスタイルを貫いたので、映画音楽としてはかなりチャレンジをしたと思います。宇宙の記憶の息遣い、生命の躍動感など観る人のイマジネーションを駆り立てる作品です。音楽と映像によって観る人の感覚が開放されて楽しめることを期待します。
 
と、制作にあたって、これまでにない音楽的なチャレンジをしたことを明かしている。
 
“祭り”とは“本番”とは何か——。STUDIO4°C渾身の“海”に呑み込まれそうになるほどの圧巻の映像美と壮大な音楽を堪能して欲しい。
 

メインキャストには、連続テレビ小説「まんぷく」の史上最年少の“語り”を任されるなど、子役から女優としての活躍の場を広げる芦田愛菜、映画『リメンバー・ミー』の主人公ミゲルの日本語吹替えで演じ、その美声で注目を浴びた石橋陽彩、そして映画『泣き虫しょったんの奇跡』で演技未経験とは思えない繊細な表情をみせた窪塚愛流と、劇中キャラクターの年齢に近い等身大のキャスティングが実現。そんな彼らを支えるのは稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、富司純子といった実力派俳優陣が参加している。
 
【原作】
五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX 刊) 
【キャスト】
芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺徹 富司純子
【スタッフ】
監督/渡辺歩 音楽/久石譲
キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一
美術監督/木村真二
CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
【アニメーション制作】
STUDIO4°C
【製作】
「海獣の子供」製作委員会
【配給】
東宝映像事業部
【映画公式サイト】https://www.kaijunokodomo.com
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
 
6月7日(金)全国ロードショー!
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ