FC2ブログ

記事一覧

特撮ファンも唸る!子ども映画テイストなのにスプラッターが炸裂する!!『サイコ・ゴアマン』7月30日公開! ポスタービジュアルも解禁

【ニュース】
日本でのレイティングは PG(PSYCHO GOREMAN)になるか? SF ゴアスプラッターヒーローアドベンチャー 『サイコ・ゴアマン』日本公開が決定! ポスタービジュアルも解禁された。
本作は、冒険心を描いた子ども映画の名作『E.T.』(82)や『グーニーズ』(85)などを彷彿とさせつつ、『死霊のはらわた』(81)や『マスターズ 超空の覇者』(87)といったジャンル映画愛に溢れた 80 年代的な懐かしさ満載で描く SF ゴアスプラッターヒーローアドベンチャー。
コスタンスキ監督は「もし自分にコントロールできるモンスターがいたら?」という自身が幼少期に思い描いた夢を、子ども向けテイスト+スプラッターというありえない組み合わせで再現(ちなみに映画のレイティング(鑑賞年齢制限の区分)に関しては、審査結果待ち中。原題が PG(PSYCHO GOREMAN)というだけに PG 指定を願うばかりだ)。個性豊かな宇宙怪人が多数登場し、特撮ファンも唸ること必至。愛すべき B 級感を醸し出しながらも、喧嘩が絶え なかった兄妹の成長や残虐宇宙人に芽生えた新たな感情なども描かれており、鑑賞後には忘れかけていた“大切なもの”が胸に響くストーリーとなっている。

今回解禁となる日本版のポスタービジュアルは、劇中に数多く登場する個性的な怪人キャラクターを散りばめており、コスタンスキ監督も大絶賛。「このポスターは、私が愛する日本のジャンル映画のポスターを彷彿とさせます。風変わりな雰囲気を持っていて、目を見張るような芸術作品だと思います。壁に飾りたいです!」とコメントを寄せた。

当初、世界中から大きな注目を集める巨大カルチャーイベント、SXSW 2020(サウス・バイ・サウスウエスト)でのお披露目が決定していたが、新型コロナウィルスの流行によりイベント自体が中止に。日本でも早耳の映画ファンから日本公開が熱望されており、全ての災厄を宇宙規模で吹き飛ばす勢いでこの夏の注目作だ。


監督・脚本:スティーヴン・コスタンスキ 製作総指揮:ジェシー・クリステンセン 製作:スチュアート・F・アンドリューズ、シャノン・ハンマー、スティーヴン・コスタンスキ
撮影:アンドリュー・アペル 編集:アンドリュー・アペル、スティーヴン・コスタンスキ 音楽:ブリッツ//ベルリン 出演:ニタ=ジョゼ・ハンナ、オーウェン・マイヤー、アダム・ブルックス、アレクシス・ハンシー、マシュー・ニネバー
2020 年|カナダ映画|95 分|スコープ|5.1ch|DCP|原題:PG(PSYCHO GOREMAN)| 公式サイト:pg-jp.com キングレコード提供 アンプラグド配給
© 2020 Crazy Ball Inc.
7 月 30 日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ