FC2ブログ

記事一覧

映画『長いお別れ』蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努らメイキング写真解禁

【ニュース】
今回、山﨑と監督とのメイキング写真や、蒼井、竹内、松原ら、3人の女性陣が監督を中心に談笑している和やかな オフショット写真が解禁。家族というものに向き合い続けてきた中野監督だからこそ、描くことのできる新しい認知症映画がここに誕生した。
 


前作から3年、待望の最新作として公開される映画『長いお別れ』には、日本映画界を代表する豪華実力派俳優陣が集結。中野監督、 切望の末に実ったキャスティングとなった次女・芙美役を演じる蒼井優、⻑女・麻里役として、自然とキャスト間の“和”を作り出していたという竹内結子、チャーミングさを保ちながら、娘たちが気付いていないことにひとりだけ気付いているという繊細さを併せ持つ重要な役どころ、母・曜子に松原智恵子が。そして、父・昇平役には山崎努をキャスティング。映画化のオファーをもらう前から原作を読んでいたという山﨑は「これが映画化されるとしたら、昇平役は自分のところにオファーが来るのではないか?」との、不思議な予感を感じていたとか。運命とも言える不思議な縁に導かれ、本作の東家が誕生。
 


また、過去の中野量太監督作品では、『チチを撮りに』や『湯を沸かすほどの熱い愛』だけでなく、短編『琥珀色のキラキラ』(09)においても、<家>が“もうひとつの主人公”といえる重要な役割を担ってきた。今回、東家の撮影場所に選ばれたのは千葉県郊外にある一軒家。実はこの家、つい最近まで実際に人が住んでいたという家屋になっていて「まだ人の気配がある」という点が、美術による作り込みだけでは生まれない“生きた家”の空気感を感じさせている。「居間からキッチンが見える」という間取りも、中野監督の過 去作から散見される共通点だが「母親のいる場所」=「キッチン」だとすれば、そこから「家族のいる場所」=「居間」が見えるという位置 関係は、本作においても欠かせない要素だったという。
 
 
また新作『浅田家(仮)』の公開も 2020年に予定されるなど、今、最も勢いのある映画監督、中野量太が贈る、家族の愛の物語。
 
監督:中野量太 出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努
北村有起哉 中村倫也 杉田雷麟 蒲田優惟人
脚本:中野量太 大野敏哉
原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)
主題歌:優河「めぐる」
企画:アスミック・エース Hara Office
配給・制作:アスミック・エース
©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋
公式サイト:http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/
 
5月31日(金) 全国ロードショー
 
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ