FC2ブログ

記事一覧

映画『麻雀放浪記2020』完成披露試写しないイベント開催

【イベント】
本日、東映本社にて記者会見が行われ映画『麻雀放浪記2020』が予定通り、4月5日に公開されることに決定した。そして同日、東京・新宿バルト9にて完成披露イベントを前に同劇場ロビーにて、完成報告ファンミーティンクイベンドを実施。
 
イベントには、昭和から平成へタイムスリップするギャンブラー”坊や哲“を熱演した主演の斎藤工をはじめ、哲を現代で面倒をみることになる地下アイドルのドテ子を演じた『チャラン・ポ・ランタン』ヴォーカルのもも、ドテ子と哲をタレントとして売り出そうとする芸能プロダクションの社長・クソ丸役の竹中直人、昭和の世界で哲に麻雀を教える、麻雀クラブのママ・ユキとAI搭載アンドロイドの2役に挑戦したベッキー、そして白石和彌監督が登壇した。
 

本作が公開されることになり、心境を尋ねると、斎藤は「今朝、公開されるか発表があるまで不安の中で過ごしてました。みなさんとこうして今日の日を迎えられて、ほっとした気持ちでいっぱいです」と安堵の表情を見せ、本作については「ピータンをはじめて食べた時のようで、何を観せられ観たのか」と困惑したことを笑顔を見せながらコメントした。
 

そして、本作の出演者の一人であるピエール瀧の逮捕というニュースを受け、これまで本作について協議が重ねられてきたことに斎藤は「この作品は、本当に本当に今朝まで協議を重ねてました。僕もピエールさんの件を知った時、状況が理解できなくて、『どうなるだろう…』と思いました」と率直な胸中を明かし、「本作の大事なピースの一つでもあるピエールさんが引き起こしたことにより、いろいろな作品があり、苦しむ人たち、これから起こることは計り知れないし、白石監督も苦しい思いをしてると思いすぐに連絡してしまいました。現場で汗水流して準備をしてくれているスタッフ、もちろキャストのみなさんも公開して人に届けるという道筋に向かっていたので公開という英断をしてくれて、ほっとしています」と語り、「この作品を引き続きよろしくお願いします」と会場のファンに一礼した。
 

次に劇場内に場所を移し、完成披露舞台挨拶を行った。本作にとって初イベント。これまで公開前の試写を一切行っておらず、この完成披露イベントでもまさかの“試写”しない宣言。シークレット上映は、一体、なにが上映されるのかは観客には知らされておらず、上映するのは、和田誠監督作品『麻雀放浪記』だと告げられると客席からどよめきが起こり、さらに『麻雀放浪記2020』のムビチケも全員にプレゼントされると伝えられると大歓声が上がっていた。
 
本作は主人公・坊や哲が1945年の戦後から、新たな戦争が起こった後の2020年の戦後に突然現れると、そこは、東京オリンピックが中止になり、マイナンバーがチップになり体に埋め込まれる管理社会、AIによる労働環境破壊など、坊や哲にとっては信じられない世界だった。坊や哲は、麻雀を武器にその世界に挑戦するストーリー。
 

 
企画:アスミック・エース/制作:シネバザール/配給:東映 原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊) キャスト:斎藤工 もも(チャラン・ポ・ランタン) ベッキー 的場浩司 岡崎体育 音尾琢真 小松政夫 / 竹中直人 ほか
監督:白石和彌
 
4月5日(金)全国公開
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ