FC2ブログ

記事一覧

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が原宿竹下通りを練り歩くサプライズでパニックに!!


【イベント】
超人気少女コミック「L♡DK」(講談社「別冊フレンド」刊)。2014年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こした「L♡DK」。新たにフレッシュなキャストたちによって再映画化。
 
3月14日、女子中高生たちの聖地「原宿・竹下通り」に上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星がサプライズ登場!通行人たち行き交う中、竹下通りを3人が練り歩き、3人が竹下通りをバックにフォトセッションを行うと、通行人も足を止め、もう大パニックに!人集りとなり黄色い歓声が飛び交った。

横浜が壁ドンを指南する場面も

壁ドンポーズでフォトセッション
次に場所を移し、竹下通りにあるJOL原宿にて本作の代名詞「壁ドン」をフィーチャーした胸キュンイベントを実施。
 
ーー竹下通りを練り歩いた感想は?
上白石は「若さ溢れる感じがしめしたし、外国人の方も凄く多くて世界的にも注目されてる場所なんだなあと思いました」と驚きがあった様子。杉野も「あまり来ないので、凄いインスタ映えみたいなスポットが沢山あって」と変わり様に驚いていた。

横浜は「こうして堂々と久しぶりに原宿を歩けて新鮮な気持ちでした」と笑顔を見せていた。

また高校生活のことについて聞くと、上白石は「凄い真面目でしたね。スカートを折ったりもしなかったですし、ずっと受験勉強でキラキラのない高校生活でした。みなさんが羨ましいです」と会場にいる女子高生たちを見て羨む場面も。

杉野も「萌音ちゃんと同じで、ずっとバスケ部で坊主頭にしてました。もうめちゃめちゃ短い坊主でした(笑)」と振り返った。
 
イベントではカップルが2人で向かい合い、お互いに壁ドンをすることで相性を診断する「もし壁BOX」で会場に招待された実際の高校生カップルが『もし壁』を体験するイベントを行い、会場に集まったファンとともに大盛り上がりのイベントとなった。
(編集部)
 
原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊) 監督:川村泰祐 脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 町田啓太 ほか
公式HP:http://www.l-dk.jp/
©「2019 L♡DK」製作委員会
配給:東映
3月21日(木・祝) 全国ロードショー!
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ