FC2ブログ

記事一覧

ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』ムヒカの言葉を安藤サクラが朗読。広島の原爆ドームを訪れたムヒカの本編映像を初解禁

【ニュース】
本作でナレーションを務める安藤サクラが、ムヒカが日本で記した平和への言葉を朗読する本編映像が初解禁された。解禁となった本編映像は日本から最も遠いと言われるウルグアイからはるばるムヒカが初来日を果たした当時の映像。ムヒカの言葉を多くの日本人に届けたいと強く切望した田部井監督らが、来日を呼びかけ 2016 年 4 月に実現。「もし広島に来なかったら日本の歴史に対しての侮辱だ」と語るほど、ムヒカ自身が強く望んでいた、広島の原爆ドームを訪れた部分を切り取っている。




様々な展示資料で原爆投下直後に広島で起きた惨状を目の当たりにしたムヒカ。彼の表情からは、人類が犯した過ちに対する怒りや、深い悲しみの入り混じった衝撃を 受けている様子が見て取れる。そして、「人間は同じ石でつまずく唯一の動物だと歴史が示している。我々は学ぶことができたのだろうか」 と、反戦・非核への強い思いが感じられる文章を記した。


映画では、その言葉を本作でナレーションを務める、安藤サクラがムヒカの思いを代弁するように力強く朗読。「世界からは未だ核兵器が無くならず、唯一の被爆国である日本もアメリカの核の傘の下、平和を享受しています。簡単には解決することが出来ない問題だからこそ、私たちは決して過去の悲劇を忘れてはならず、記憶し続けていく必要がある」と教えてくれたムヒカ。


コロナウィルスの流行で様々な価値観が変化し、先行きの見えない不安が続く中、深い人生経験に裏打ちされたムヒカからの未来への提言は、これからを生きる私たちへの道しるべとなるはず。
 
監督:田部井一真
企画・プロデュース:濱潤
プロデューサー:大島新、堀治樹
撮影:中島大樹 編集:大山幸樹
音楽:石﨑野乃 主題歌:「uzu」三浦透子(作曲・編曲:森山直太朗) 製作:フジテレビ、ネツゲン、関西テレビ
出演:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー
ナレーション:安藤サクラ
協力:「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)
配給:KADOKAWA
宣伝:アンプラグド
© 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会
公式サイト:http://jose-mujica.com
10月2日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ